セキヤノアキチョウジ

何だこの名前は・・・と思われる方も多いと思いますので、簡単にそのことに付いて述べますと、
アキチョウジ(秋丁字)という植物が岐阜県を境に西側に分布するのに対し、この植物は中部から関東に分布すると言い、特に箱根の関辺りには多いとのこと、
そんなところから番屋である「関屋のアキチョウジ」の名前があるようです。
またチョウジとは花が丁子の形をしているところから来ているようです。
飛騨ではその西限にあたりますが、そのせいでしょうか?花柄が短いような気がします。
c0036317_10491448.jpg

c0036317_10492339.jpg

c0036317_10493262.jpg

高山市清見町にて
[PR]
by yoas23 | 2007-09-23 10:51 | 野山の花
<< 露天風呂 (新穂高の湯) 実りの秋 >>