ガヤの実

飛騨では昔ガヤの実は重宝しましたが、最近は食べる人もいなくなったでしょうか。
以前は乾物屋などに売ってありましたが、今は見かけません。
高山の銘菓に「三嶋豆」というのがあって、炒った大豆を砂糖を煮溶かした衣で包んだものですが、
それのガヤの実版で「雪衣」というのがあり、香ばしくて美味しいものでしたが、今は作られていないようです。
このガヤは高さが2mほどの小灌木で樅のような葉をしていますが、柔らかくて触れても差ほど痛くないものです。
この実はもう少しすると紅褐色に変わって来ます。
c0036317_052453.jpg

c0036317_0522621.jpg

高山市上宝町にて
[PR]
by yoas23 | 2007-09-25 00:53 | その他
<< 何時もの風景 (稲刈りも済んで) 清見 大倉の滝 2 >>