駒鼻峠 (標高1,160m)

今はどちらも高山市ですが、合併前の丹生川村と上宝村を結ぶ峠の一つに駒鼻峠というのがあります。
今回はこの峠の紹介です。
丹生川の呂瀬から登り、上宝の在家の集落へ越す峠の上宝側は、切り立った断崖になっている所が多く、百間滝の上の青石という所はまさに絶壁となっていますが、そこには名馬「大黒」の碑があります。
大黒は飛騨より朝廷に献上された神馬の名前で、この地より産出されたとのことです。
谷川に向かった大きな岩には何と彫ってあるのか読み取れませんが、大きな文字が見えました。
またこの峠は元禄年間の昔、千光寺に逗留した円空上人が幾度か上宝へ訪れた際に通ったとの記録も残っています。
c0036317_345854.jpg


c0036317_35216.jpg

c0036317_353373.jpg

[PR]
by yoas23 | 2007-10-01 03:06 | 飛騨の国紹介
<< ダナの滝 紅白のきのこ (タマゴタケとス... >>