食べられないであろうキノコ その3

このきのこ、食べられるかも?知れませんが、数多い食茸の中にも見た目で敬遠したくなるものがあります。
本来動物は毒となるものは良く知っていて、トリカブトを食べて死んだ熊など聞いたこともありません。
恐らく見た目で判断しているものと思われます。
また昆虫などは親に教えられる術も無く学習している訳で、DNAネットに情報が組み込まれているのでしょう。
そこへ行くと我々人間の劣っていること・・・とても万物の霊長などとは言えないのでは無いかと思えます。
ヘビが気持ち悪いのは先祖が爬虫類にいじめられたからで、そのことが遺伝されているのかも知れませんが、
そうであるなら、キノコの毒も見た目で判断できると有り難いのですが・・・
c0036317_6313898.jpg

c0036317_631496.jpg

c0036317_6315966.jpg

このイグチの仲間も種類が多く、同定が難しいものがあります。これはオオヤシャイグチでしょうか?
(リンク先の何時もお世話になっている、ぽっとべりぃさんともせてさんに依れば、ベニハナイグチらしいとのことでした。どうも有り難うございました)
[PR]
by yoas23 | 2007-10-04 06:34 | きのこ
<< 秋の乗鞍岳 3 (青空の中、肩... 秋の乗鞍岳 2 (畳平から肩の... >>