棗 (なつめ)

飛騨地方は棗の木が多く、特に高山市国府町はほとんどの農家の庭先にはあるようで、この時期になるとたわわに実った様子が見られます。
昔、飢饉に備えて植えられたのが始まりと言うことを聞きましたが、穀物ではない木の実で飢えを凌ぐこともあったようです。
棗の実は収穫されるとスーパーや道の駅などでも1kgあたり600~800円ほどで売られていますが、
これは甘露煮にするのが普通で、缶詰になったものを店でも売っています。
飛騨に旅された時は変わったお土産としてお勧めします。
c0036317_6432415.jpg

c0036317_6433750.jpg

↑良く実った棗 
高山市山口町にて
c0036317_6434832.jpg

↑市販されているなつめの缶詰
[PR]
by yoas23 | 2007-10-17 06:46 | 食いしん坊
<< 10月17日の月 今年もハナイグチ >>