秋の上高地 (岳沢出合い)

河童橋から明神への道は右岸と左岸の両方ありますが、左岸の道は遊歩道の延長で踏み均されたしっかりした歩道ですが、
右岸は木道を中心とした新しい遊歩道が出来ています。
このコースの魅力は何と言っても湿原や谷川、そしてニレやシラビソ、イチイなどの原生林の中を歩くという、バラエティーに富んだ道となっています。
今回は往路を右岸、復路は左岸を通ってみます。

c0036317_19502212.jpg

↑河童橋から少しの時間で岳沢の湿原に着きした。

c0036317_19504532.jpg

↑湿原から見た穂高連峰。

c0036317_19505811.jpg

↑梓川と合流する前の岳沢、この辺りは流れも緩く、水も澄んでいます。

c0036317_19511128.jpg

↑これも岳沢の流れ、ちょうど河童橋方面を向いています。

c0036317_1951276.jpg

↑湿原を過ぎると歩道は深い森の中へと入って行きます。

c0036317_19514272.jpg

↑所々に真っ赤なハウチワカエデの紅葉が見られました。

c0036317_19515890.jpg

↑岳沢の出合いを過ぎた辺りで振り返ると焼岳が見えました。明神までの行程の半分ほどは歩いたでしょうか・・・。
[PR]
by yoas23 | 2007-10-30 20:06 | 山歩き
<< 秋の上高地 (岳沢出合いから明神へ) シモフリシメジはホイル焼き >>