倒木のムキタケ

飛騨では「ムクダイ」の名前で親しまれているこのきのこは、倒木や切り株から発生し、
一度にたくさん採れるため重宝するきのこです。
傘にはヌメリがありますが味は温和な感じがして、鍋物にはボリュームもあり最適です。
良くツキヨタケと間違われやすいのですが、ムキタケの傘の色は黄褐色なのでツキヨタケのような椎茸に似た色ではありません。
それに割って見ても紫の斑紋は現れませんから、見分けは簡単です。
c0036317_755525.jpg

c0036317_76933.jpg

c0036317_762283.jpg

[PR]
by yoas23 | 2007-11-10 07:08 | きのこ
<< 紅葉の向こうに・・・ 平湯峠からの夕陽 >>