ケンポナシ

さて、このケンポナシを知っておられる方はどれだけみえますかな?
と言うのも、飛騨では滅多に目にするものではないからです。
ナシと名が付いても梨の仲間ではなく棗(なつめ)と同じクロウメモドキ科の高木です。
秋遅くに小さな瘤が連結したような実を付けますが、これは噛むと甘味があり子供の頃は美味しいと感じたものでした。
この実にはアルコールを分解する成分があるようで、酔い覚ましにはもちろんお酒による口臭の除去にも効くとか。
また言い伝えによると、ケンポナシの大黒柱がある家のお酒はみな水になってしまうとか・・・ほんとかな?
c0036317_1185011.jpg

c0036317_119149.jpg

c0036317_1191346.jpg

飛騨市神岡町にて
[PR]
by yoas23 | 2007-11-24 01:21 | 日々の発見
<< 連ドラ「さくら」の郷 (起し太鼓) 今年も柿のある風景を・・・ >>