神通峡

乗鞍岳に源を発した小八賀川、分水嶺の位山から流れ出る宮川、
それに北アルプスの穂高や槍ヶ岳からの高原川が集まって富山県に入ると神通川となります。
富山県の猪谷から楡原の間は険しい地形となって奇岩も多く、特に神通峡と呼ばれていますが、
まさに長年の浸食作用によって磨がれ抜いた岩肌が露岩しており奇景を呈しています。
c0036317_5321236.jpg

↑富山の名水に選ばれているのですね。

c0036317_5322458.jpg

↑北陸電力庵谷発電所辺りの神通峡

c0036317_5323494.jpg

↑面白い形をした岩

c0036317_5324487.jpg

↑庵谷峠からみた上流、奥には猪谷の集落が、そしてその奥には飛騨の山が見られます。

c0036317_5325532.jpg

↑庵谷峠から見た下流の風景、2枚目の写真は赤い橋から撮りました。
[PR]
by yoas23 | 2007-12-11 05:41 | 小さな旅
<< エノキダケ (今年最後のきのこ) 何時もの風景 (雪化粧) >>