ギボウシ

東北では「うりー」飛騨では「うるい」と呼ばれるこの植物は湿った山間などに群生していて、時期には山菜として利用出来ます。
アクもほとんど無いため色々な料理として使えますが、シャキシャキ感が良く特に炒め物に向いています。
私はチンゲンサイの代わりとして鶏肉、ヤングコーンなどと合わせて炒めますが、他には単に味噌汁の具材としても良いです。
お寺の庭などに大きな葉で硬そうなギボウシもありますが、見た目では美味しそうではありませんね。
c0036317_2544657.jpg

[PR]
by yoas23 | 2008-03-19 02:54 | イラスト・スケッチ
<< 海鮮丼 夕陽を浴びたヤドリギ >>