飛騨一之宮 生きびな祭り

日本古来からの行事の中で元旦以外は月遅れの飛騨、今日4月3日は桃の節句(ひな祭り)でした。
そこで○段飾りのひな人形を・・・と思いましたが、今年は大胆に生きびな様の紹介です。

高山市一之宮町では以前から若い娘さんが扮するひな人形が有名です。
今日は生憎の天候で行列こそありませんでしたが、代わりに水無神社の回廊にて披露されました。
それにしても晴れたらさぞかし煌びやかな平安絵巻が見られたかと思うと残念でなりません。
また来年ですね。
c0036317_19311882.jpg
  
c0036317_19313633.jpg

c0036317_19314758.jpg

c0036317_193207.jpg

c0036317_1932114.jpg

c0036317_19322119.jpg





c0036317_1933115.jpg

c0036317_19331148.jpg

c0036317_19332242.jpg

c0036317_19333261.jpg

c0036317_19334323.jpg

c0036317_19335546.jpg

c0036317_1934498.jpg

平安時代は現代のようにお内裏様、お妃様、三人官女、五人囃子、右大臣、左大臣の構成ではなく、
三人官女が五人官女となっていたようです。
[PR]
by yoas23 | 2008-04-03 19:36 | 飛騨の国紹介
<< ダンコウバイが咲いています アサツキとホタルイカの酢味噌あえ >>