アマナの花

日当たりの良い田畑の土手にこの時期見られるアマナですが、
飛騨では群生している場所はあまり多く無いような気がします。
属名ではチューリップと同じですが、小さくて丈は10センチ程度、
それでも見ようによっては似た花と見えるかも知れません。
球根が食べられるとのことですが、こんな可愛い花を見ていると食べられませんね。
c0036317_323372.jpg

c0036317_3235110.jpg

高山市丹生川町にて

飛騨ではアマナと言えばツリガネニンジンのことも言いますが、一般に山菜として利用されるのはそちらの方です。
[PR]
by yoas23 | 2008-04-07 03:25 | 野山の花
<< 絶滅危惧種のシデコブシ ホタルイカの沖漬け >>