ニリンソウ

春早く雪融けの後直ぐに出て来るところから、「ノマ菜」とも飛騨では呼ばれています。
ノマとは底雪崩れのことで、雪崩れの起きそうな場所を好んで群生するからでしょうか・・・
急斜面を背負った沢伝いにはこの時期ニリンソウの絨毯が広がります。
花は2輪咲くものが多いのですが、1輪だけや、時に3輪以上のものもあります。
2輪のもの、どちらかが大きいのも面白いですね。
c0036317_5464076.jpg

c0036317_5465223.jpg

c0036317_547649.jpg

富山市細入にて
[PR]
by yoas23 | 2008-04-17 05:48 | 野山の花
<< 2008年 春の高山祭り (3)  日龍峰寺 (高沢観音) >>