ふきのとうの煮びたし

早春の味覚として利用されるふきのとうですが、天ぷらに、あるいは蕗味噌にしたら美味しいですよね。
でも大きく伸びたふきのとうは見向きもされないのではないかと思います。
私はそのように伸びた茎を使ってよく煮びたしを作ります。
蕗が出るまでの間、食感と味を楽しむために是非お試し下さい。
c0036317_2392393.jpg

↑ これほど大きくなると天ぷらにも使えませんね。

c0036317_2393888.jpg

↑ そんなふきのとうをこれだけ集めてみました。

c0036317_2394986.jpg

↑ 先ずは端を切って花や葉などを取り除きます。

c0036317_2310190.jpg

↑ 塩をたっぷり振り、まな板の上で板ずりしてアクを取ります。

c0036317_23101073.jpg

↑ それを適当な長さに切り揃えます。

c0036317_23102070.jpg

↑ 沸騰したお湯に入れて私は約3分ほど茹でますが、時間は好みで良いと思います。

c0036317_23103362.jpg

↑ だし汁、醤油、日本酒、味醂を入れますが、何時も私は気分次第なので分量のレシピはありません、そこは適当で・・・

c0036317_23104359.jpg

↑ 煮る時間は短めにして、火を止め冷めるまで置けば出来上がりです。
好みで鷹の爪などを入れると味にアクセントが出ます。
[PR]
by yoas23 | 2008-04-22 23:19 | 食いしん坊
<< 桜めぐり (臥龍桜) 岩魚の釣り初め >>