山菜料理あれこれ

色々な山菜が出揃う季節となりましたが、ここらで一度山菜料理をまとめさせて頂きます。
3枚の写真で紹介しますがある日の夕食の献立です。
今流行の言葉で言えば「自給率」の高い食材を使用していますので、
調味料と身欠きにしん以外ほとんど買って来た物は使用していません。
だんだん食料が高騰して来ますと、このような料理も見直さなければならない時代が来るでしょうね。
c0036317_044240.jpg

↑ 岩魚の塩焼きを真ん中にして左から時計回りに根曲がり竹の味噌煮、クレソンのシソ味サラダ、
ソバナのピリ辛炒め、イタドリのオイスターソース炒め、オオナルコユリの辛子マヨネーズあえ、
ウドの醤油煮、わらびと身欠きにしんの炊き合わせ、ポンナのきんぴら、モミジガサの茎の味噌漬けの以上10品と、

c0036317_0451719.jpg

↑ 焼きたけのことモミジガサの葉のお浸し、

c0036317_0452821.jpg

↑ さらに山菜天ぷらには岩魚、たらの芽、コシアブラ、ギョウジャニンニクなどを揚げました。
[PR]
by yoas23 | 2008-05-30 00:59 | 食いしん坊
<< 桜めぐり (山桜) 新緑の飛騨の里 (4) >>