マツヨイグサはやはり夜の花

毎年梅雨の最中から咲きだすオオマツヨイグサですが、ここに来て数も増し土手も賑やかになって来ました。
お出かけの帰り道は、この花を見たさに遠回りをすること度々です。
マツヨイグサと言えば薄暗くなって花開くのですから、なかなか満開の様子を撮るのも難しくて、
どうしてもこの写真のように元気の無い花になってしまいます。
人間ですら蒸し暑く不快な時期ですから、場所を変えられない植物にはうんざりの季節なのでしょうね。
c0036317_23563280.jpg

c0036317_23564484.jpg

c0036317_2357059.jpg

c0036317_23571172.jpg

今回も3枚目はサイズを大きくしてあります。
高山市丹生川町にて
[PR]
by yoas23 | 2008-07-12 00:06 | 野山の花
<< カラマツソウ 小さなうちに・・・ >>