オオバミゾホオズキ

これもまた本州の中部以北の植物だそうで、しかも日本海側に多いとのこと、やはり寒い所が好きな花のようです。
湿った場所を好むため谷川でも日影の清水が湧き出るような環境に見られます。
草丈は30cmほどで花は一見スミレのようですが、これはゴマノハグサ科でまったく違ったもの、
またホオズキのような実が付くのでこの名前がありますが、本物のホオズキはナス科でこれも他人の空似でしょうか・・・
花そのものはキツリフネにも似ていますね。
c0036317_4545458.jpg

c0036317_4551624.jpg

c0036317_4552622.jpg

高山市野麦峠にて
[PR]
by yoas23 | 2008-07-17 04:57 | 野山の花
<< ノイバラ ツルアジサイ >>