ジムカデ

地を這うムカデのような葉の形からこのような名前が付きました。
丈は数センチでツガザクラなどより矮小ですが、ツツジの仲間であり小さくともこれで樹木なのです。
小さな白い花を下向きに付けますが、実の頃になると上向きになるのは面白い習性ですね。
岩場を好む植物で乗鞍では肩の小屋の下方や剣ヶ峰などに見られます。
c0036317_4225372.jpg

c0036317_423926.jpg

c0036317_4232013.jpg

[PR]
by yoas23 | 2008-07-22 04:26 | 乗鞍岳の高山植物
<< ミヤマダイコンソウ 先ずはハクサンイチゲから >>