山岳遭難者救助

昨日は新穂高でヘリによる遭難者救助の現場に出くわせました。
北アルプスの山間にヘリコプターの音が聞こえ、見上げると県警のらいちょう号です。
民間の山小屋への荷揚げ用のヘリとは違うので、脳裏に「事故」が・・・
思った通り鍋平ヘリポートに降り立ちました、聞いてみると西穂高岳で滑落した人を救助に行くとか・・・
しかし朝はあれほど晴れ渡っていた山に午後はガスが掛かってしまい、
出動の機会を待っているようで緊張の時が流れます。
到着から1時間ほど経った頃だったでしょうか、
山から無線が入り何とか視界が開けているとのことで救助に飛び立ちました。
幸い命に別状は無いとの事、自分も山には身近な人間、お世話にならぬようにしなければ・・・
c0036317_5514213.jpg

↑ 昨日の朝は絶好の登山日和の良い天気、一番高く見えるのが西穂高岳です。

c0036317_5515243.jpg

↑ 厳しい錫状岳の岩壁の間を飛ぶ県警のヘリ

c0036317_55227.jpg

c0036317_5521036.jpg

↑ 鍋平ヘリポートに到着です。

c0036317_5522067.jpg

↑ 救助活動を終え帰って行くヘリコプター
[PR]
by yoas23 | 2008-07-31 05:58 | 日々の発見
<< 通信不能に・・・ ヨツバシオガマ >>