スミナガシ

墨流しとは昔からの技法で、器に張った水の上に溶いた墨を流し入れて軽く掻き混ぜて、
和紙を載せ模様を転写することですが、何と素晴らしい手法ではないでしょうか。
そんな粋な名前を頂いたのがこの蝶です。
墨色というには少し緑がかっていますが、落ち着いた模様は貫禄さえあります。
この蝶はどちらかと言うと南方系で、沖縄にも多く生息しています。
見られるのは渓谷沿いの方が多いですが、
それは幼虫が食べる食樹のアワブキやミヤマハハソがそのような場所を好むためです。
c0036317_841415.jpg

c0036317_841542.jpg

c0036317_842573.jpg

近くにいる甲虫はベッコウヒラタシデムシです。
最後の写真は薄暗い場所なのでストロボを使いました。
[PR]
by yoas23 | 2008-08-19 08:47 |
<< 千曲川大煙火大会 蓮の花 >>