風の盆 特設ステージ

ホームページや案内パンフには夕方5時から7時までは、
休憩や食事の時間のため町流しは休みとありますが、
その時間でも特設ステージでは、
時間を区切って近くの町内が交代で披露してくれます。
見逃す手は無いのでその時間帯は夜間の下見を終えてステージに行って見ました。
c0036317_1132075.jpg

↑ 有料のおわら演舞場のように広くはありませんが、ここは無料なのが嬉しいです。

c0036317_1134873.jpg

↑ 4時40分東新町の踊りに間に合いました。

c0036317_114380.jpg

↑ 続いてこれは諏訪町の衣装ですが、何処も女性の帯が黒いのに気付かれましたか?
  昔、衣装を揃えた時に帯までは手が回らなかったので、
  ほとんどの人が持っていた冠婚葬祭用の黒帯を使った名残りだそうです。
 
 
c0036317_1143383.jpg

↑ 男女で踊っているのは豊年踊り、
  このようにすっきりして見られるのはステージの良いところかも知れません。

c0036317_11664.jpg

↑ 最後尾に近かったのでこれがアップの限界です。

c0036317_1162519.jpg

↑ 何処の盆踊りでもそうですが、特にこの踊りの手先は美しく感じます。

c0036317_1164036.jpg

↑ ここから上新町に代わりました。この男性は歌い手ですが、
  かなり高く美しい声で歌っていました。
  後ろのお嬢さんも歌い手で交代に歌います。

c0036317_1171674.jpg

↑ こちらは男だけの男踊りで、かかし踊りと言い田仕事を表現しているそうです。
  また女踊りは四季の動きで、中には蛍を払う仕草もあると言うことです。

c0036317_1173334.jpg

↑ 6時近くになりました今度は上新町の女踊りです。

c0036317_1175673.jpg

↑ 特設ステージの近くでは一般の人に踊りを教えている場面もありましたが、
  このような心遣いのお蔭で退屈せずに済みました。
[PR]
by yoas23 | 2008-09-05 01:20 | 小さな旅
<< 風の盆 夜祭り  風の盆 諸々の風景 >>