岩魚の甘露煮

9月になると何時も思うのが、渓流釣りの禁漁が近付いているということ・・・
飛騨地方の河川では9月一杯という所が多く、過ぎるとまた来年の3月までお預けです。
釣れなくなると妙に釣りたいのが心情ですね。
後悔の無いように残された時間を有効に使わなければなりません。
また釣り貯めた魚を美味しく頂くことも楽しみです。
今回は時々写真は載せている岩魚の甘露煮を改めて紹介しましょう。
c0036317_211145.jpg

↑ 20cmを超えた位が甘露煮には良い大きさです。

c0036317_146496.jpg

↑ 酒、砂糖、味醂、醤油で時間を掛けて炊きます。
  弱火でコトコト・・・煮汁を掛けながら煮詰めて行くことで味も沁みて骨も柔らかくなります。

c0036317_14617100.jpg

↑ 付け合せにはミョウガの酢漬を・・・。

c0036317_148585.jpg

↑ これは天然の岩魚ではありません、養殖物ですが・・・
  先日寄った道の駅「五箇山」の食堂にある水槽で泳いでいました。
[PR]
by yoas23 | 2008-09-09 01:52 | 食いしん坊
<< 鹿教湯温泉 立ち寄り湯 キチョウ >>