しめじご飯

一度きのこ狩りに行くとたくさんの成果があり、食事もきのこづくしとなります。
ソテーとうま煮は紹介しましたので、今日はきのこ飯とサクラシメジの山椒煮を・・・
きのこ飯はぬめりの無いきのこなら何でも使えますが、やはりマツタケやシメジが良いようですね。
私はマツタケ採りはしませんので、炊くのはマイタケやシモフリシメジなどのシメジのことが多いです。
ちょっと株は小さかったですが今回はシャカシメジ(飛騨ではコハギと言います)で炊きました。
また少し硬くてほろ苦いサクラシメジは、赤かぶと漬け込んだ”しな漬け”には欠かせませんが、
今回は山椒の香りを効かせて山椒煮に・・・覚えていらっしゃいますか?以前自分で山椒の粉を挽いたこと・・・
こんな時大活躍です。
c0036317_1553363.jpg

↑ 小さな傘が集まったシャカシメジ、幼菌はお釈迦様の頭のようなところから付いた名前です

c0036317_1555518.jpg

c0036317_1561314.jpg

↑ そしてサクラシメジ、桜のようにほんのりピンクです

c0036317_1562484.jpg

c0036317_1571062.jpg

これからは秋遅くの最終便、シモフリシメジまでしばらくきのこ飯が続きそうです
[PR]
by yoas23 | 2008-09-19 15:22 | 食いしん坊
<< オグルマ サワガニ君・・・どちらへ? >>