ウスヒラタケ

スーパーで「しめじ」とか「本シメジ」の名で売られているものは今ではブナシメジのことが多いのですが、
以前はヒラタケもシメジという名前で売られていました。
ちょっと繊維質が強いような気がしますが、香りや味が良いきのこで、
枯れ木で栽培できることから簡単に市場に出て来たきのこの一つでしょう。
今回のウスヒラタケもヒラタケと同じ仲間ですが、少し肉が薄いところからウスの名があるようです。
薄くても量が多かったら食べ応えはありますが、ただやはりちょっと硬い繊維質が気になります。
c0036317_22102251.jpg

c0036317_22114146.jpg

[PR]
by yoas23 | 2008-09-24 22:22 | きのこ
<< 魚を下ろしてみましょう。 チロリアンランプ >>