乗鞍は冬でした 5

夕暮れ近くになって雲の切れ間から太陽の光が射して来ました。
少し雲海も切れて山並みが一層美しく見えるようになりましたが、相変わらず冷たい強風が吹いています。
大きな岩陰で風を凌ぎながら、それでも刻一刻と変わって行く眺めを満喫しました。
2枚目の画像はサイズを大きくしてありますのでクリックしてアルプスのパノラマをご覧下さい。
その後の5枚はパノラマの左側から右へと切って望遠で撮ったものです。
c0036317_712488.jpg

↑ 西の雲の切れ間からお日様が顔を出しました。

c0036317_713273.jpg

↑ 夕日に照らされた北アルプスです。

c0036317_17522345.jpg

↑ 上のパノラマから生成した山の案内図です、こちらもサイズが大きいですからクリックして見て下さい (カシミール・ソフト使用)

c0036317_538756.jpg

↑ 上のパノラマの左の部分で北ノ俣岳や薬師岳、笠ヶ岳などが見えます。

c0036317_7132695.jpg

↑ 次いで笠ヶ岳より東の部分、双六岳や遠くには立山連峰などが望めます。

c0036317_7133699.jpg

↑ 更に東に目を移すと遠くに白く雪を被った白馬連峰も見えて来ました。

c0036317_713445.jpg

↑ そしてこの眺めの圧巻、槍、穂高連峰です。

c0036317_7135675.jpg

↑ 穂高の東側には東天井岳やピラミッド型の常念も・・・
  次回は最終回、夕焼けと朝焼けを紹介したいと思います。
[PR]
by yoas23 | 2008-10-03 07:27 | 山歩き
<< ナラタケ (幼菌) メジナご飯 >>