ナラタケモドキ

ナラタケモドキも飛騨では一般に「もたせ」と呼ばれるきのこですが、
昔は細かく分類することなく群生して食べられる似たものはみな「もたせ」だったのでしょう。
ナラタケに似ていますが、柄にツバが無いのが特徴です。
熱を加えると黒変しますが、シャキシャキした歯ざわりと良い出汁が出るので美味しいきのこです。
炊き込みご飯、味噌汁などの他、里芋やナスと煮るのも美味しいです。
c0036317_6114618.jpg

c0036317_6115889.jpg

c0036317_612843.jpg

[PR]
by yoas23 | 2008-10-12 06:13 | きのこ
<< 乗鞍は冬でした 番外その2 ETかぼちゃ >>