2011年 06月 16日 ( 3 )

後少し・・・

この「四季彩日記の画像許容量の1GBが間も無く終了します。
残り3%になってこのブログを閉じる日が近くなって来ました。
昨年の7月18日の時点で782MB使用だったのでその計算からしても後1ヶ月半ほどで終了ということになります。
その時は改めて御礼などのご挨拶を述べるつもりでいますが、長いようで短い、また、短いようで長かった更新の日々・・・
こうして毎日ご覧になって頂ける方々のお蔭だと感謝しております。
終了までもう少しですが頑張りたいと思います。
c0036317_1961586.jpg

[PR]
by yoas23 | 2011-06-16 19:07 | 想うこと

有峰の花たち (キクザキイチゲ)

キクザキイチリンソウとも言いますがこの花には通常白と薄紫があります。
両方の色、若しくは片方の色しか無い所もありますが、自生地では群れているのが見られ山野草愛好の人には人気のある花ですね。
有峰は標高が高くまた積雪も多い所で、この時期まだ見られます。
c0036317_6304364.jpg

c0036317_6321470.jpg

c0036317_6333595.jpg

富山県有峰折立にて
[PR]
by yoas23 | 2011-06-16 06:35 | 野山の花

新緑の宇津江四十八滝 11

さていよいよ遊歩道の終点に着きました。

大自然の中に幾つもの勇壮な滝を過ごしてさぞかし奥山へ入ったことと思いましたが、
そこに広がる風景は麓の公園と同じように手が加えられており、
急に未来へタイムスリップしたような感じになって唖然としてしまいました。
私個人の考え方からすれば滝の奥は自然のままにしておいて欲しかったと思います。
c0036317_2307.jpg

↑ 終点は急に開けた公園になっています。
 
c0036317_232484.jpg

↑ 盛り土の上には外来のセイヨウタンポポやヤマガラシが増えています。

c0036317_233671.jpg

↑ そしてカルガモ・・・

c0036317_234837.jpg

↑ ここまで訪れる人も少ないのに立派な公園・・・

c0036317_24197.jpg

↑ 更に奥を見ると車が通れる林道が・・・
滝の遊歩道とは別にあるこの道路で公園建設用の物資を輸送していたのですね。
終点の公園には賛否両論あると思いますが、滝というデリケートな自然に手を加えることが必要だったのでしょうか・・・

こんな看板が立てられています・・・
[PR]
by yoas23 | 2011-06-16 02:07 | 飛騨の国紹介