カテゴリ:きのこ( 153 )

オオクロニガイグチ

昔はイグチの仲間に致命的な毒のあるものは無いと言われていましたが、最近は少しずつそんなきのこも見付かっています。
このオオクロニガイグチは毒とも食べられるとも記載が無い図鑑が多いのですが、名前からして苦いのか?と思い少し齧ってみましたが苦くは無いようです。
ただこの色でこの大きさだと食べられるきのこでもちょっと引いてしまいますね。
大きなものは直径30cmを遥かに超えていました。
これによく似たミカワクロアミアシイグチはフグ並みの猛毒とか・・・注意しないといけません。
c0036317_4223151.jpg

c0036317_4224318.jpg

c0036317_4225217.jpg

c0036317_423111.jpg

高山市久々野町にて
[PR]
by yoas23 | 2010-08-29 04:27 | きのこ

ナラタケモドキ

暑い夏で少雨の年はきのこの発生が悪いのですが、ナラタケモドキの大株が目を疑うような光景をもたらしてくれました。
これもやはり車で走行中のことでしたが、ヒノキの植林地の切り株に何か黄金色の塊が見えました。
直感的に「きのこ!」と思い、早速近寄ったところナラタケモドキでした。
樹木にとっては病原菌なので退治せざるを得ません。
採ってみたらレジ袋に一杯、こんなにあると味噌汁だけでは消化できそうにありません。
何か他にレシピを考えなければ・・・
c0036317_6465114.jpg

c0036317_64746.jpg

c0036317_647145.jpg

高山市久々野町にて
[PR]
by yoas23 | 2010-08-22 06:49 | きのこ

コウタケ

今年の梅雨はしかりと降ったためでしょうか、きのこの発生が今のところ良いようです。
私はあまり見付けることの無いコウタケに先日出遭いました。
その名の通り独特の香りがするきのこで、夏から秋の初めに出ますが7月は珍しいようです。
c0036317_4365488.jpg

c0036317_4371921.jpg

↑ このきのこは大きく、直径30cmもありました。

c0036317_4405969.jpg

↑ そしてこれが幼菌です、それでも傘の幅は5cmほどもありました。
高山市野麦にて
[PR]
by yoas23 | 2010-08-02 04:43 | きのこ

ナラタケ

今年の春は順調に春生のきのこに出会えます。
・・・と言ってもきのこに詳しい方のブログに登場するシメジなどは無理ですが・・・
それはきっと出没する場所が違って私の場合は深山が多いからでしょう。
今回はナラタケ、これも秋にたくさん出るきのこですが春にも少し出ます。
シャキシャキした歯ごたえとコクのある旨味が特徴のきのこです。
熱を通すと少し黒く変色したりしますが一般に美味しいきのこと言えるでしょう。
c0036317_23572753.jpg

c0036317_23573960.jpg

高山市奥飛騨温泉にて
[PR]
by yoas23 | 2010-06-13 00:02 | きのこ

アミガサタケ

食べられるきのこで美味しいらしいのですが、私はまだこのアミガサタケを食べたことがありません。
同じ仲間に猛毒のきのこがあるからと言う訳でも無いですが、この形には少し引いてしまいます。
それでもレシピを検索すると色々な料理が紹介されています。
先日我が家の庭の隅に1本だけ出ていました。
また1本だけと言う中途半端な数では食べるほどの量でも無いですね。
c0036317_115219.jpg

c0036317_1151271.jpg

[PR]
by yoas23 | 2010-06-03 01:15 | きのこ

春のエノキタケ

雨の中、車を走らせていたら通り過ぎる土手にきのこのようなものを発見!
一瞬この時期の群生きのこと言うことで脳裏にはエノキタケ?バックして確かめたらやはりそうでした。
このきのこは春にも切り株や倒木から出て来るものが多く珍しいものではありませんが、
以前にも書いたようにスーパーのエノキと野生のものでは随分違います。
売られているものは栽培のため白く細くもやしのようになっていて、
そのため一般には本当のエノキの姿が判らなくなってしまったようですね。
c0036317_2355499.jpg

c0036317_23551760.jpg

高山市平湯峠にて
[PR]
by yoas23 | 2010-05-28 00:02 | きのこ

雪なめこ

いよいよ今年最後のきのこ狩りとなってしまいました。
きのこといえば秋を連想し勝ちですが年中出るものです。
これから冬場には今回のなめこを始めエノキタケや平地では香りの良いヒラタケも出て来ます。
しかし雪が積もる飛騨ではそろそろお仕舞い、これ以上積もるともう出ることもありません。
こんな雪の中にあると凍ってしまって食べられないのでは?と思われるかも知れませんが、
溶けても普通に食すことが出来ます。
これによって学んだことは、なめこは生のまま冷凍が利くと言うことです。
c0036317_341593.jpg

c0036317_342495.jpg

c0036317_343333.jpg

c0036317_344284.jpg

c0036317_344960.jpg

c0036317_34588.jpg

c0036317_351623.jpg

[PR]
by yoas23 | 2009-11-26 03:07 | きのこ

今年のきのこ 終盤戦

山に度々雪が積もるようになるときのこ狩りももう終わりです。
気付けば11月も下旬ですから当たり前の事なのですが、今年は不作続きだったのが心残りです。
近くの山を覗いてみました。
c0036317_0442299.jpg

c0036317_044344.jpg

↑ 成長しきったムキタケ

c0036317_0452246.jpg

c0036317_0453470.jpg

↑ 同じくそろそろ終りのクリタケ

c0036317_0462353.jpg

c0036317_0463490.jpg

↑ 最近になって毒きのこの仲間入りをしたオシロイシメジ、美味しいきのこなのですが・・・

後は雪なめこを採れば今年は終わります。
[PR]
by yoas23 | 2009-11-18 00:48 | きのこ

キナメツムタケ

図鑑によれば食べられるきのことして載せられているものの、私はまだ食べたことの無いきのこは色々ありますが、
このキナメツムタケもその一つです。
シロナメツムタケと同じチャナメツムタケの仲間のようで、どれも似たような味・・・とあります。
一度食べてみようと思いますが、今回も写真だけで・・・
c0036317_00538.jpg

c0036317_01318.jpg

[PR]
by yoas23 | 2009-11-14 00:01 | きのこ

晩秋の定番 天然椎茸と天然山葵

毎年きのこ狩りの最後には椎茸と山葵を紹介していますが、今年もまた行って来ました。
椎茸には春生と秋生があり一般には秋の物が美味しいようです。
また山葵の根は秋に辛さが増すことから掘るのは晩秋に・・・谷川の水で根を洗って要る分だけ持ち帰るのですが、
作業は大変で固まった姿勢で腰が痛く、冷たい水で指が動かなくなってしまいます。
c0036317_19485025.jpg

c0036317_1949279.jpg

c0036317_19491153.jpg

c0036317_19492398.jpg

c0036317_19493278.jpg

さて、この食材をどのように・・・それはまたゆっくり考えたいと思います。
[PR]
by yoas23 | 2009-11-10 19:52 | きのこ