カテゴリ:きのこ( 153 )

不作ながらもなめこも・・・

初雪の便りがある頃、遅い時期に発生するなめこが気になります。
今年は全般にきのこが不作なのでたぶん例外無くなめこも・・・と思いながら行かなければ気が済まないので行ってみました。
昨年と同じような時期のつもりが、まだ少し早めかな?と思うほど。
まだまだ小さな蕾の物がありましたが、少しだけ収穫できました。
やはり天然物のなめこの味噌汁は美味しいです。
c0036317_57536.jpg

c0036317_571765.jpg

c0036317_572725.jpg

c0036317_573640.jpg

c0036317_574459.jpg

[PR]
by yoas23 | 2009-11-08 05:09 | きのこ

不作ながらもきのこの収穫

台風18号の襲来以来、出陣の時期を狙っていたのですが、先ずは様子を見に・・・ということで先日山を一周りしました。
何処も出ていてもおかしくないきのこが見られず、有っても量が少ないのですが微妙に出ている場所もありました。
山中きのこだらけでは無いので、こんな時はどんな場所に出るものなのか良く分かります。
風通しと山の乾き具合など勉強になりました。
c0036317_0492141.jpg

↑ まだ樹も若い雑木林

c0036317_0493354.jpg

↑ 出始めたシモフリシメジ

c0036317_049539.jpg

↑ これも同じくシモフリシメジ (炊き込みご飯には最高)

c0036317_050371.jpg

↑ チャナメツムタケ

c0036317_0501338.jpg

↑ 同、チャナメツムタケ (なめこの様にヌメリがあって美味しい)

c0036317_0502244.jpg

↑ お馴染みのクリタケ

c0036317_0503274.jpg

↑ クリタケは飛騨では「もたせ」と言います

c0036317_0504275.jpg

↑ ムキタケ

c0036317_0505314.jpg

↑ これが「ツキヨタケ」に似ているというムキタケですが、良く見れば違いも分かると思います。
以上、この日の食べられるきのこを紹介しましたが、ようやく少し出始めた様子で先が楽しみです。
[PR]
by yoas23 | 2009-10-23 01:04 | きのこ

アカヤマタケ

きのこは食べられるものと毒のものや、毒は無いけど食べられないものと色々ありますが、
食べられないきのこでもその色や造形の面白さがあり出会いも新鮮なものです。
真っ赤なタマゴタケは特別としても前回のキホウキタケ、
また今回のアカヤマタケなどは森の妖精にでも出会ったような気にさえさせてくれます。
このきのこは以前、何方かのブログでとても良く撮れた写真を見たことがあります。
そんな風に撮ろうと思ったのですが暗過ぎました。
フラッシュを焚けば写る事は写るのですが、やはり自然光でなければあの雰囲気は出ないのでしょう。
c0036317_1182054.jpg

c0036317_1183045.jpg

[PR]
by yoas23 | 2009-10-01 01:24 | きのこ

毒茸、時々食茸 (キホウキタケ)

図鑑では必ず毒きのこの扱いになっていても、ある地方では昔から普通に食べられているものがあります。
東北のカキシメジなんかもそうですが、飛騨ではこのキホウキタケを漬物に入れたりします。
赤かぶと一緒に漬ける「しな漬け」に入っているのですが、塩漬けにすることで毒の成分が抜けるのでしょうか・・・
c0036317_2201292.jpg

c0036317_220219.jpg

c0036317_2203352.jpg

[PR]
by yoas23 | 2009-09-29 02:22 | きのこ

山が笑う

春の山菜採りの時、予期せぬほどの収穫があるとついつい出る言葉ですが秋も同じです。
人間、歩いた分だけ以上の頂き物をすると謙虚になるから不思議ですね。
反面収穫が無いと足取りも重く・・・と言うことになりますが・・・
c0036317_5354892.jpg

写真が一枚だけなのでサイズを大きくしてみました。
[PR]
by yoas23 | 2009-09-27 05:37 | きのこ

ツキヨタケ

遠くで見るとまるで椎茸の大群!
近寄って「ガッカリ!」・・・
それほどにボリュームを感じるツキヨタケはご存知のように毒きのこです。
夜光成分があり傘の裏が夜間に青白く見えることからその名が付けられました。
食べられるきのこが見付からない時に限って嫌がらせのようにあちこちに目立ちますが、
これが若し食べられるなら、それこそ舞いを舞うほどと思います。
しかし少雨で乾燥の今シーズンですが、毒きのこは普通に出ています・・・
c0036317_634626.jpg

c0036317_66311.jpg

[PR]
by yoas23 | 2009-09-26 06:05 | きのこ

運良く舞茸をGET!

今年の舞茸事情はあまり芳しく無くスーパーでも立派なものは少ないようです。
この日も数人が入山していましたが、他には獲れていない様子でしたから私はラッキーでした。
天然物は栽培とは違って毎年同じように獲れるというものでは無いですから貴重なものです。
c0036317_471311.jpg

c0036317_475866.jpg

c0036317_48895.jpg

[PR]
by yoas23 | 2009-09-24 04:11 | きのこ

ハナビラニカワタケ

食べるには少々時期を逸していましたが、これは食べられるきのこです。
さっと湯がいてサラダなどや湯豆腐にも良いと思います。
キクラゲの仲間なので似たような食感がありますが、こちらの方がやや温和な感じです。
c0036317_6411160.jpg

c0036317_6412075.jpg

高山市丹生川町にて
[PR]
by yoas23 | 2009-09-22 06:44 | きのこ

きのこの山は只今「準備中」

昨年の同じ時期にはもうきのこが採れたので様子を見に行きました。
しかし今年はまだ夏の山で常連の秋のきのこは顔を見せてくれません。
友人からはもうホンシメジの話も聞かれたのですが、私の行く山はまだ準備中です。
もうひと雨と後、気温が下がれば・・・
c0036317_405716.jpg

c0036317_412671.jpg

こんな苔に見とれての山歩きでしたが1本だけウラベニホテイシメジが・・・

c0036317_422652.jpg

高山市丹生川町にて
[PR]
by yoas23 | 2009-09-19 04:04 | きのこ

ヒラタケ、今度は大量に・・・

10日ほど前に単生のヒラタケを紹介してしまいましたが、どうも燃焼不足でしたので今回再び載せてみます。
本来このきのこは「このように発生するのだ」と言う見本のようで、大きなブナの倒木にヤシャビシャクを探していて見付けたものです。
これはもう採るしかありません。
c0036317_2412262.jpg

c0036317_2413643.jpg

c0036317_2414970.jpg

c0036317_2421165.jpg

c0036317_2422227.jpg

今夜はバター炒めにでもしましょうか・・・

さて肝心なヤシャビシャクは・・・
[PR]
by yoas23 | 2009-05-27 02:52 | きのこ