カテゴリ:食いしん坊( 196 )

ゲンゲ(幻魚)の燻製

あまり一般的とは思えない魚ですがノロゲンゲの燻製を買って来ました。
ゲンゲのことを能登半島では「くにゃら」と呼ぶそうです。
この魚、スズキ目ゲンゲ亜目に属しますがスズキの姿とは程遠く、柔らかな魚体はヌルヌルとして少し気味悪くさえ感じます。
しかしコラーゲンが豊富ということで最近少し見直されているようです。
あのような軟体の魚が燻製に?と少し興味がありましたが出来上がったものは鱈か何かのような感じでした。
c0036317_457381.jpg

c0036317_4575126.jpg

ゲンゲに付いてはこちらをどうぞ。
[PR]
by yoas23 | 2011-01-20 05:01 | 食いしん坊

しっとり・・・おから

正月のご馳走に飽きると素朴なものが食べたくなりますね。
その点、欧米とは違って何でも食す日本の食事情は有り難いものです。
今回は原価が安く抑えれらるおから(卯の花)を炊いてみました。
パサ付かずしっとり仕上げる工夫は多目のサラダ油を使うことです。
でもカロリーの取り過ぎを考える人は控え目が良いでしょうけど・・・
c0036317_5391215.jpg

c0036317_5392514.jpg

[PR]
by yoas23 | 2011-01-09 05:40 | 食いしん坊

芳醇 天然かけ醤油

昨年の秋に広島の川中醤油が製造する「天然かけ醤油」を紹介する記事が新聞に載りました。
ちょっと興味が湧いたので早速取り寄せてみました。
スーパーにも良く似たようなだし入りの醤油は見かけますが、これは「一度食べたら忘れられない・・・」の言葉どおり旨味がたっぷりの醤油です。
このメーカーは刺身醤油にも拘ってるようで白身と赤身用にそれぞれ違ったものを作ってるそうです。
いずれまた取り寄せてみたいと思います。
c0036317_622890.jpg

c0036317_624093.jpg

[PR]
by yoas23 | 2011-01-07 06:10 | 食いしん坊

山菜おせち

元旦は豪華なおせちも良いですがチビチビ飲るには素朴なアテで・・・
ブログのご縁で頂いた生酒、アルコール分18度という辛口の味にはやはり山菜が良いです。
昨年の春に採ったゼンマイ、ネマガリタケ、それに秋に採ったコウタケ・・・
それぞれの食感や味が冷酒と絡まって楽しませてくれます。
旬に味わうのは勿論ですが、何も無い冬の夜のため保存しておくことも良いと思います。
c0036317_558043.jpg

[PR]
by yoas23 | 2011-01-02 05:59 | 食いしん坊

間に合わせた鶏の燻製

何時もながら忙しい冬場を迎えなかなか思うように事が進みません。
どうしても日にちが掛かる鶏の燻製もようやくイブの今晩に合わせて完成したところです。
c0036317_0353642.jpg


レシピです
[PR]
by yoas23 | 2010-12-24 00:47 | 食いしん坊

燻していま~す

毎年この時期になると始めるのが燻製・・・
今年もクリスマスには鶏の丸ごとに挑戦しますが、先ずは予行演習です。
最初は何時も簡単な材料から始めます。
これはボイルしたものを売っていたホタテですが、何も味付けなどしなくて半日の風乾で燻煙に掛けました。
c0036317_034250.jpg

c0036317_0341452.jpg

c0036317_0342334.jpg

[PR]
by yoas23 | 2010-11-19 00:35 | 食いしん坊

あきしまささげ

飛騨では夏から秋にかけて「あきしまささげ」と言ういんげん豆の一種が出回ります。
この豆の若鞘は皮ごと煮て食べられるので惣菜に良く使われます。
皮の表面には寒くなるに従って紫の縞模様が現れますが、熱を通すと消えてしまい美しい緑に変身します。
そんなところから別名を「湯上り美人」とも呼ばれています。
「あきしまささげ」は飛騨の特産で、特に高山市丹生川町では総出荷量の8割を占めていると言われ、
その丹生川ではトマトの他、飛騨ネギ、宿儺かぼちゃと共に主要な農産物となっています。
c0036317_1019100.jpg

c0036317_1029100.jpg

[PR]
by yoas23 | 2010-11-02 01:02 | 食いしん坊

マイタケのちょっと変わった食べ方

今年はきのこ全般に発生が良くマイタケもたくさん出ました。
何度か奥山へ出掛けたのですが、最後になると何時もの食べ方にも飽きて・・・
そこで天然物ならではの茎の硬さを利用して漬物にしてみました。
さっと茹でて適当な大きさにカットしたものを一夜漬けにします。
茹でたのにしっかりとした歯ごたえが残ってさっぱりとした一品になります。
c0036317_1561628.jpg

c0036317_1563344.jpg

c0036317_157034.jpg

↑ こちらは普通の浅漬け。

c0036317_1573815.jpg

↑ そして一味違った胡瓜とイカキムチにも合わせてみました。
[PR]
by yoas23 | 2010-10-24 02:01 | 食いしん坊

マスタケとピーマンのバター炒め

この時期には珍しいマスタケの幼菌を見付けました。
マスタケはサルノコシカケの仲間ですから成長すると硬くて食べられません。
良く言われることですが「耳たぶ」の柔らかさなら美味しく食べられると言うことで、
今回はちょうどそれくらい・・・早速バター炒めにしました。
合わせたのはピーマン、特別な理由はありませんが彩が綺麗だろうと思って・・・
マスタケのマスは魚の鱒のこと、身の色のサーモンピンクに似ていますね。
c0036317_6271457.jpg

c0036317_62735100.jpg

c0036317_6274343.jpg

c0036317_6275373.jpg

[PR]
by yoas23 | 2010-10-19 06:29 | 食いしん坊

すくなかぼちゃ

今月の四季彩日記の検索ワードのトップはこの「すくなかぼちゃ」です。
昔は地元だけで消費されていたのですが、最近は形の面白さも手伝って各地で話題になったようで、
最近もテレビ番組で取り上げているのを見ました。
そんなことからネット検索する人も多いのでしょう。
細長い形が特徴のこのかぼちゃは高山市丹生川町が発祥の地ですが、最近は各地で栽培されているようです。
甘味が強いところからデザートなんかにも向いています。
c0036317_6155312.jpg

[PR]
by yoas23 | 2010-09-27 06:17 | 食いしん坊