カテゴリ:飛騨高山 四季の旅( 223 )

国分寺の大銀杏 2

さて今回もサイズの大きな画像を交えてのアップですので少々重いかと思いますがお許し下さい。
写真の中に曇っているのと青空のとがありますが、これは好天になることを予測して9時半頃出かけました。
高山は盆地という地形のため放射冷却の朝は深い霧に閉ざされます。
その後、霧が晴れて急に空が開き青空が覗くと言う訳です。
そんな条件を狙ったため時間が掛かりましたが、その分他の人と話しも出来たし観光客には案内も出来たので有意義な時間でした。
c0036317_23541341.jpg

c0036317_23542413.jpg

c0036317_23543441.jpg

c0036317_2355289.jpg

c0036317_23551577.jpg

c0036317_23552854.jpg

c0036317_23553897.jpg

[PR]
by yoas23 | 2010-11-29 00:17 | 飛騨高山 四季の旅

国分寺の大銀杏 1

一度に落葉してしまうと直ぐに高山の町に雪が降ると言われている国分寺の大銀杏、
少し見頃は過ぎたようですがそれでもたくさんの葉が晩秋の光に輝いていました。
今年は行ってみて驚いたのは何時もの年より葉の大きさが小さなことです。
これも夏の天候不順からなのかな~って・・・
お寺の銀杏の樹は1本だけですが色々なアングルから撮って来ました、今回から3回に渡って載せようと思います。
c0036317_0102493.jpg

c0036317_0154150.jpg

c0036317_0155438.jpg

c0036317_016645.jpg

c0036317_0161695.jpg

c0036317_0162845.jpg

c0036317_0163795.jpg

c0036317_0165121.jpg

[PR]
by yoas23 | 2010-11-28 00:19 | 飛騨高山 四季の旅

柿のある風景 2010

年に一度、この時期に撮っている柿の実と乗鞍です。
昨年は不作の柿の実も今年はたくさん生っていました。
(1枚目、2枚目はサイズを大きくしてあります)
c0036317_551479.jpg

c0036317_5522872.jpg

c0036317_5523911.jpg

c0036317_5524811.jpg

[PR]
by yoas23 | 2010-11-23 05:54 | 飛騨高山 四季の旅

2010年秋の高山祭り 12 (布袋台のからくり人形の取り付け)

秋の高山祭りの記事、最後に面白い光景をご覧に入れましょう。
これはアクシデントとも言える滅多に見られないことです。
10日の午後のからくり人形の実演前に小雨が降って来て急遽中止となった後、
天気の回復から実演が行われることになりました。
急いで外してあった布袋様を屋台に取り付けます。
c0036317_1162314.jpg

↑ 空がにわかに暗くなりポツポツと降って来ました。

c0036317_1164291.jpg

↑ 開演の30分前になって天気も回復したので外していたからくりの道具を取り付けます。

c0036317_1165633.jpg

↑ 布袋様の人形も同じように取り付けますが、近くで布袋様の人形が見られた人からは思わず「ラッキー!」の声が・・・

動画も用意しました、Moreからどうぞ。

More
[PR]
by yoas23 | 2010-10-23 01:19 | 飛騨高山 四季の旅

2010年秋の高山祭り 11 (祭り風景色々)

これまでに屋台と御巡幸行列、祭り衣装とご案内して参りましたがそろそろ秋祭りのレポートも終わりに近付きました。
今回は雑感として撮ったスナップを紹介したいと思います。
c0036317_02156.jpg

↑ 何時もの別院駐車場ですが、こちらには主に観光バスが駐車します。各地から様々な会社のバスがたくさん停められていました。

c0036317_023473.jpg

↑ 祭りの御巡幸行列が一休みする御旅所、当番の人が裃姿で待機です。

c0036317_024559.jpg

↑ 大八台横で笛を吹く少女、心地良い音色が響いていました。

c0036317_025598.jpg

↑ お馴染みの地元のFM放送のサテライトスタジオ、ここから祭りの中継です。

c0036317_031354.jpg

↑ 高山市の職員も案内所で接待に余念がありません。

c0036317_032568.jpg

↑ 参道を行き交う人たち・・・

c0036317_033625.jpg

↑ そして同じ時刻にからくり人形の奉納される境内にはこのような人だかり、まだ開演までに1時間はあります。
[PR]
by yoas23 | 2010-10-22 00:07 | 飛騨高山 四季の旅

2010年秋の高山祭り 10 (祭り衣装)

今回の秋祭りも祭り人足(屋台関係)の衣装を見て歩きました。
素材や背中の紋などそれぞれに趣向を凝らしていてこちらも詳しく見てみると面白いものです。
c0036317_2557100.jpg

↑ 鳩峯車

c0036317_261690.jpg

↑ 神馬台

c0036317_263294.jpg

↑ 行神台

c0036317_264246.jpg

↑ 鳳凰台

c0036317_265254.jpg

↑ 豊明台

c0036317_27377.jpg

↑ 金鳳台

c0036317_271741.jpg

↑ 豊明台

c0036317_272975.jpg

↑ 大八台

c0036317_274110.jpg

↑ 宝珠台

c0036317_275787.jpg

↑ 仙人台

c0036317_28840.jpg

↑ 神楽台
[PR]
by yoas23 | 2010-10-21 02:10 | 飛騨高山 四季の旅

2010年秋の高山祭り 9 (御巡幸行列後半)

それでは昨日に引き続き御巡幸行列の後半をご覧下さい。
行列の最後の方に神様の乗った神輿がやって来ますが、昔はもっと大きな神輿で大人数で担いでいました。
しかし時代と共に小さくなり担ぐ人も少なくて済んでいます。
昔の神輿は現在屋台会館に展示されています。
c0036317_8104374.jpg

c0036317_8105533.jpg

c0036317_811875.jpg

c0036317_8111849.jpg

c0036317_8112691.jpg

c0036317_8113889.jpg

動画でも行列がご覧になれます。(下のMoreをクリックして下さい)

More
[PR]
by yoas23 | 2010-10-19 08:13 | 飛騨高山 四季の旅

2010年秋の高山祭り 8 (御巡幸行列前半と獅子舞)

2006年の秋祭りのレポートで御巡幸行列に触れていますが、しばらく載せていませんでしたので今年はと思い町角で撮って来ました。
御巡幸は祭り区域の町内を練り歩くのですが、それに付いて周る人も多くなかなか良い見物場所が得られません。
行列には氏子総出で参加し、お年寄りの家などはアルバイトの学生などにお願いして代わりに出役してもらっているようです。
社名旗を先頭に榊、獅子舞から続く行列は2~300人にも及びます。
今回は先ず前半をご覧下さい。
c0036317_1634599.jpg

c0036317_1635624.jpg

c0036317_164597.jpg

c0036317_1641420.jpg

c0036317_1642351.jpg

c0036317_1643566.jpg

獅子舞の動画も用意しましたので良かったら下のMore でご覧下さい。

More
[PR]
by yoas23 | 2010-10-18 16:12 | 飛騨高山 四季の旅

2010年秋の高山祭り 7 (神馬台・鳩峯車)

いよいよ今回が秋祭り屋台の紹介の最終回です。
ところで祭り屋台の並び順ですが、毎年祭りの度にくじ引きによって決められるためその年によって違います。
今年は今回境内から見て来た順番に決められていました。
しかし神楽台だけは春祭り同様に例外で神楽を司るため毎年先頭に決まっています。
従ってそれ以外の屋台は毎年違った場所に並ぶということになるのです。

神馬台(じんまたい)
c0036317_7215615.jpg

神馬台は何と言っても遠くからでも確認出来る中段の般若の刺繍が特徴でしょう。
加えて上段に飾られた白馬を引く二体の烏帽子、白丁姿の人形も目を引きます。
創建当時は高砂の人形を飾っていたため高砂台の名がありましたがその後、
神馬と白丁人形に載せ替えられたため神馬台と屋台名も変えられたようです。
c0036317_7223123.jpg

c0036317_7224358.jpg

c0036317_7225387.jpg


鳩峯車(きゅうほうしゃ)
c0036317_7231189.jpg

鳩峯車は下二之町上町の所有で、中段の左右に飾られた西洋人の図柄の刺繍幕が見どころです。
創建年代は1747年(延享4年)辺りと言うことですが、
当時は「外法の梯子剃り」と呼ばれる福禄寿と童子のからくり人形があったとのことです。
現存していれば布袋様のからくりと共に妙技が見られるのですが残念です。
また比較的新しい竜の彫刻が下段に飾られていますが、
これは屋台の説明看板にも彫師の名が無いことから最近のものと思われます。
c0036317_7232523.jpg

c0036317_7234058.jpg

c0036317_723526.jpg

c0036317_724317.jpg

次回は少し祭り行列を載せてみたいと思います。
[PR]
by yoas23 | 2010-10-17 07:29 | 飛騨高山 四季の旅

2010年秋の高山祭り 6 (鳳凰台・行神台)

秋祭りの屋台は合計11台でからくり人形を奉納するため境内に曳き出された布袋台以外は参道に並べられています。
広い参道も10台もの屋台が並ぶと壮観で、合わせて観光客の混雑で嫌でも祭りムードは最高潮に達します。
今まで7台の屋台に触れて来ましたので残りは4台ですね、その中で今回も2台を見て行きましょう。

鳳凰台(ほうおうたい)
c0036317_8461328.jpg

高山祭りの屋台は100年に一度位補修がなされるのですが、この鳳凰台は2007年から開始され今年完成致しました。
今回の秋祭りで4年ぶりに化粧直しして披露されたと言う訳です。
そのことを知ってかこの屋台の周りには特別に人垣が出来ていました。
この屋台の見所は何と言っても下段に飾られた谷口与鹿の谷越獅子の彫刻と、透かし金具と金の玉や玉毛房などでしょう。
また屋根の鳳凰も秋の陽射しを受け眩い限りに輝いていました。
c0036317_8471657.jpg

c0036317_8472554.jpg

c0036317_8473841.jpg


行神台(ぎょうじんたい)
c0036317_8495360.jpg

行神台の上段の人形は役の行者(えん の ぎょうじゃ)です。
創建年代は不明ですが八幡祭の屋台行列の始まりといわれる1718年(享保3年)には既に元になる屋台が存在していたようです。
しかし明治36年からは破損のため祭りに曳き出されることが無かったのですが、昭和26年に修理されて復活したとされています。
c0036317_8482070.jpg

c0036317_8483082.jpg

c0036317_8484176.jpg

c0036317_8485271.jpg

[PR]
by yoas23 | 2010-10-16 08:50 | 飛騨高山 四季の旅