カテゴリ:飛騨高山 四季の旅( 223 )

2010年秋の高山祭り 5 (豊明台・金鳳台)

さて、今回もまた2台の屋台を紹介しましょう。

豊明台(ほうめいたい)
c0036317_1139517.jpg

豊明台の名は桜山八幡宮の祀神の応神天皇の御名である豊明宮(とよあけのみや)からとったとされています。
豪華絢爛な装飾が各所に施され見るも見事な屋台で、
特に中段にある十二支の彫刻は自分の干支を探すことで人気を集めています。
c0036317_11403458.jpg

c0036317_11405481.jpg

c0036317_1141544.jpg

c0036317_11411581.jpg


金鳳台(きんぽうたい)
c0036317_11414199.jpg

下一之町所有の金鳳台の特徴は上段に武具を持った神功皇后と武内宿禰の飾り人形があることです。
また屋根には台名の羽を広げた金の鳳凰が飾られています。
屋台の創建年代は古いのですが構造上ある程度完成された姿と言われています。
c0036317_11415427.jpg

c0036317_1142489.jpg

[PR]
by yoas23 | 2010-10-15 11:44 | 飛騨高山 四季の旅

2010年秋の高山祭り 4 (宝珠台・大八台)

前回に続いて2回目の屋台のご案内です。

宝珠台(ほうじゅたい)
c0036317_14141842.jpg

宝珠台は屋根に大亀を載せているところから亀屋台として親しまれています。でもこの亀の顔はどことなくおっかないですね。
それに耳もありますし何処か空想の亀のような気がします。
また宝珠台の名は屋根に飾った石破威の玉から付いたとされています。
台車は無垢の欅を使ってありその上の亀の彫刻と共に目を引く屋台です。
c0036317_14145447.jpg

c0036317_1415459.jpg

c0036317_14151356.jpg


大八台 (だいはちたい)
c0036317_14153836.jpg

大八台は豪華な彫刻などの飾りはありませんが大きな三輪御所車が特徴の屋台です。
この外側二輪の車は直径が1.56mあり高山の屋台では最大です。
また中段には幕を張らないで御殿のように吹き抜けになっているのも珍しいです。
c0036317_141550100.jpg

c0036317_1416283.jpg

c0036317_14161238.jpg

[PR]
by yoas23 | 2010-10-14 14:18 | 飛騨高山 四季の旅

2010年秋の高山祭り 3 (神楽台・仙人台)

前回布袋台のからくりを見て頂いたところで今回からは他の屋台の説明など順にして行きたいと思います。
祭りの日は9日、10日の両日とも八幡神社の参道に10台の屋台が曳き出されます。
それを巡る人の波は物凄く身動き出来ないこともあり、至る所で警察官がメガホンで注意を呼びかけています。
c0036317_11142542.jpg


神楽台(かぐらたい)
c0036317_1117492.jpg

神楽台は八幡町と桜町の所有で創建が1708年(宝永5年)で、神楽用の大太鼓を載せています。
この屋台は祭礼に巡行し、屋台行列の先頭で祭囃子を流しながら曳いています。
なお、秋の高山祭に参加する11基の屋台で屋根が無いのはこの神楽台だけです。
c0036317_11172591.jpg

c0036317_1117359.jpg

c0036317_11175040.jpg


仙人台 (せんにんたい)
c0036317_1118513.jpg

この屋台は下三之町上町の所有で高山では唯一の唐破風の屋根で古い形式の特徴を残しています。
また上段の祭神として眼光鋭い白ひげの仙人人形が安置されていますが、
嘗ては久米仙人と美女の操り人形が演じられたところから仙人台の名があります。
尚、操り人形は明治時代初期に廃止されました。
c0036317_11182295.jpg

c0036317_1118326.jpg

[PR]
by yoas23 | 2010-10-13 11:19 | 飛騨高山 四季の旅

2010年秋の高山祭り 2

秋の高山祭りは以前の体育の日(特異日)に行われることから晴れる日が多いのですが、今年は予報は2日間とも雨でした。
9日は屋台も曳き出されること無く蔵の中に鎮座していましたが、本祭りの10日は朝から晴れて曳き出されて良かったです。
高山市では人出の予想を22万人と踏んでいたそうですが、天気のことも有り結果は17万人だったそうです。
最初は通りやすかった屋台が並べられている通りも次第に混雑して大変でしたが何とか写真を撮って来ました。

今回は先ず布袋台のからくりからご覧下さい。
動画は長いので2本に分けてアップしました。
男女2体の唐子が巻物に伝わって布袋様の身体の上に乗るという離れ業のからくりは全国でも珍しいようです。
c0036317_049195.jpg


2010年 秋の高山祭り 布袋台のからくり その1



2010年 秋の高山祭り 布袋台のからくり その2


[PR]
by yoas23 | 2010-10-11 00:53 | 飛騨高山 四季の旅

2010年秋の高山祭り 1

c0036317_171291.jpg

今日は秋の高山祭りです。たくさんの人て゛賑わっています。
[PR]
by yoas23 | 2010-10-10 14:26 | 飛騨高山 四季の旅

飛騨の味まつり 最終回

延々と続いたテント張りの出店も一通り見て周りました。
まだ全ての半分ほどしか紹介出来ていませんがこの辺りでシリーズを終えようと思います。
次回はまた来年にでも続きをレポートして載せようと思います。
c0036317_3162053.jpg

↑ 鯖と言えば福井ですが遠くからの出店ご苦労様です。

c0036317_3162867.jpg

↑ 私は団塊の世代なので直ぐに目に付いた「団塊」の文字、これは食べなくても想像が付きます。
  昔懐かしいお好み焼きですね。

c0036317_3163893.jpg

↑ 休憩所ではバンド演奏も披露されていました。

c0036317_3164657.jpg

↑ こちらは普通の五平餅、味付けはあぶらえ味噌のようですね。

c0036317_3165657.jpg

↑ 富山県の魚津市からは「丸かぶり蜃気ロール寿司」、蜃気楼とロールした寿司をもじってのネーミングです。

c0036317_317449.jpg

↑ 下呂からはあまごの塩焼き、こちらも良い香りが漂っていました。

c0036317_3171392.jpg

↑ 最後に紹介のものは飛騨牛乳の新製品「おいしくてごめんネ」牛乳、普通のより高いですがこくのある美味しさは絶品です。
  この味まつりには色々な美味しいものがあり本当にどれも美味しそうでしたが、
  最後にこの「美味しくてごめんね」の文字が何と無く〆の言葉と感じました。
[PR]
by yoas23 | 2010-09-21 03:28 | 飛騨高山 四季の旅

飛騨の味まつり 4

今でこそ高山市、飛騨市、下呂市とそれに白川村と三市一村になった飛騨ですが、
合併前は一市三郡で高山市の他古川、神岡、下呂、金山、国府、久々野、小坂町、
村は丹生川、清見、宮、朝日、高根、荘川、白川、河合、宮川、上宝、、馬瀬村とたくさんの町村も有ったため、
味まつりにはその名残の出店数がありますから、地元だけでも色々な店がありそれぞれに工夫を凝らした味が揃っています。
もう少し見て参りましょう。
c0036317_683921.jpg

↑ 特大たこ焼き風の飛騨牛の大玉焼きや笹寿司の幟も見えます。

c0036317_685653.jpg

↑ こちらも岩魚の塩焼きですね。

c0036317_692472.jpg

↑ 暑い日は生ビールを飲みたいところですがこんな催しにはどぶろくも変わっていて良いですね。

c0036317_6101290.jpg

↑ 荘川のそば、白川の豆腐と続きます。

c0036317_6102314.jpg

↑ 甚五郎ラーメンも参加していました。今回はお持ち帰り商品の新しいバージョンも合わせて出品でした。

c0036317_6104114.jpg

↑ 若い女性に人気のノアドココの飛騨高山プリンです。応援に来ているのは?・・・

c0036317_6105931.jpg

↑ 猿ボボキャラクターの「ひだっち」です。
[PR]
by yoas23 | 2010-09-19 06:30 | 飛騨高山 四季の旅

飛騨の味まつり 3

飛騨の味まつりの3回目です。
味まつりは似たような店が並んでいますがそれぞれに自慢の味を持ち寄っていますので見応えも食べ応えもある催し物です。
今回も順番に見て周りましょう。
c0036317_18474.jpg

c0036317_19391.jpg

↑ 飛騨高山の駄菓子の「塩せんべい」で、砂糖を一切使わないあっさりとした味です。

c0036317_191826.jpg

↑ これはおにぎりを飛騨牛で包んで焼いた手の込んだものです。

c0036317_192724.jpg

↑ 定番の岩魚の塩焼きは良い香りを漂わせていました。

c0036317_19388.jpg

↑ よもぎを練り込んだ草餅風味の五平餅も珍しいでしょう?

c0036317_195225.jpg

↑ たこ焼きにまで飛騨牛を入れてしまいました・・・

c0036317_110354.jpg

↑ でもこの飛騨牛たこやきは賞まで頂いているのですね。
[PR]
by yoas23 | 2010-09-17 01:16 | 飛騨高山 四季の旅

飛騨の味まつり 2

12日の飛騨の味まつりの続きです。
高山市内の一番の繁華街をホコ天にした味まつりは旧の市町村単位で道路にテントが並び、その土地ならではの美味しいものが一堂に介しています。
休憩所に買ったものを持ち込んで早速味わう人も見られ、生ビール片手に川魚の塩焼きや飛騨牛の串焼きなどを賞味する観光客の姿も目立ちました。
c0036317_4434040.jpg

↑ 高山ラーメンの提灯が客を呼んでいます、飛騨牛の肉まんも好評のようでした。

c0036317_4435235.jpg

↑ 老舗のレストランアリスの黒カレーは知る人ぞ知る一品です。

c0036317_444155.jpg

↑ こちらは合併前の益田郡萩原町の出店で笹寿司が名物です。

c0036317_444924.jpg

↑ 長野県の松本市からも応援で、やはり信州と言えば「おやき」ですね、車屋さんの姿も見えます。

c0036317_4441755.jpg

↑ 最近有名になった宿儺(すくな)かぼちゃですが・・・

c0036317_444262.jpg

↑ このお店ではプリンにして売っていました。
お店はまだまだ続きますがまた次回に・・・
[PR]
by yoas23 | 2010-09-15 04:55 | 飛騨高山 四季の旅

飛騨の味まつり 1

11、12日と高山市の本町で「飛騨の味まつり」が開催されました。
飛騨の3市1村の味の特産物を紹介するのが目的で1986年から始められ、
最近は春と秋の2回ずつ開かれています。
また県外からも参加される市町村も増えて賑やかになって来ました。
ぶらりと訪ねましたのでどんなものがあったか何度かに分けて紹介したいと思います。
c0036317_2359036.jpg

c0036317_23591582.jpg

↑ 会場には観光案内所が二ヶ所有り各地のパンフレットなどを配布しています。

c0036317_23593022.jpg

↑ 観光客の方々でしょうか皆さんお土産を手にされていました。

c0036317_23594531.jpg

↑ お馴染みの飛騨牛の串焼きで最近は一番人気のようです。

c0036317_23595625.jpg

↑ 冷たく冷やしたトマトの生ジュースには行列も出来ています。

c0036317_001162.jpg

↑ そして飛騨といえば日本酒ももちろん美味しいです。
まだまだ色々な出店が並んでいましたので後日に続きを載せようと思います。
[PR]
by yoas23 | 2010-09-13 00:03 | 飛騨高山 四季の旅