カテゴリ:飛騨の国紹介( 166 )

大雪の四十八滝 3

宇津江四十八滝の3回目です。
足元に気を付けながら一歩一歩歩を進めるのは時間がかかり体力も消耗しますが、何としてでも函滝までは行きたい一心で歩きました。
滝の入り口まで除雪した道を15分、それから一時間ほどでようやく三段になった平滝、函滝、上段滝
に到着です。
上段滝に祀ってある不動明王を無事拝むことが出来ました。
c0036317_672085.jpg

c0036317_673046.jpg

c0036317_673929.jpg

c0036317_675566.jpg

c0036317_68311.jpg

c0036317_683131.jpg

c0036317_684111.jpg

c0036317_685134.jpg

[PR]
by yoas23 | 2010-02-15 06:11 | 飛騨の国紹介

大雪の四十八滝 2

大小たくさんの滝がある四十八滝ですが大きなものは13あると言われています。
その中で最初の箱滝へは是非行って、その上にある不動様を拝んで来ようと思うのですが、積もった雪は大変歩き辛いものです。
写真にしてももう少し川岸に降りて撮りたいのですが危険なためあまり近付けません。
やはりかんじきを用意して来れば良かったと思いました。
c0036317_610112.jpg

c0036317_6101021.jpg

c0036317_6102088.jpg

c0036317_6102893.jpg

c0036317_610429.jpg

c0036317_6105262.jpg

c0036317_611299.jpg

[PR]
by yoas23 | 2010-02-12 06:12 | 飛騨の国紹介

大雪の四十八滝 1

先日、ローカルな話題として雪に閉ざされた宇津江四十八滝をテレビのニュースで報じていました。
幻想的な風景が印象的だったので出かけて見ましたが、生憎小雪が舞っていたのでつまらないモノクロの世界の写真になってしまいました。
それでも新しいカメラだったので気合を入れて撮ったつもりです(笑)
数回に分けて載せたいと思います。
c0036317_63169.jpg

c0036317_628238.jpg

c0036317_6281031.jpg

c0036317_6282063.jpg

c0036317_6282880.jpg

c0036317_6283777.jpg

c0036317_6284558.jpg


[PR]
by yoas23 | 2010-02-10 06:32 | 飛騨の国紹介

管粥神事

管粥神事とは高山市丹生川町の伊太祁曾神社(いたきそじんじゃ)で毎年執り行われている神事で、
米や小豆、稗などを入れた大釜で炊かれた粥に6センチ程に切った麻の茎を入れ、
その中に入った粥の詰まり具合でその年の吉凶を占う行事です。
1月14日に行われました結果、今年は大豆、ジャガイモ、レタスは豊作で地震はないが、
台風は10月ごろに上陸の恐れがあり、景気はあまり良くないが、商業は上向きになる―という結果だったそうです。
c0036317_6273394.jpg

c0036317_6274391.jpg

[PR]
by yoas23 | 2010-01-23 06:29 | 飛騨の国紹介

初冬の飛騨の里 1

今年の1月に雪のある飛騨の里を紹介しましたが、今回は師走に・・・
観光客も疎らでこの時期だからこその静かな佇まいの中を尋ねることが出来ました。
何時ものように何度かに分けての紹介です。
c0036317_515264.jpg

↑ 毎度お馴染みの園内のコースです、この先のご案内で参考になさって下さい。

c0036317_516085.jpg

↑ 駐車場からの管理棟です、もちろん此処も茅葺です。 

c0036317_51696.jpg

↑ 朝の五阿弥池、逆光線が眩しくて・・・

c0036317_516212.jpg

↑ お馴染みのアイドル、白鳥の「高子」です、連れのアヒルの里子は今年の春に亡くなった様で1羽で寂しそうでした。

c0036317_5163189.jpg

↑ 前回は雪を被った灯篭でしたが今回はやはり晩秋の感じがしますね。

c0036317_5164066.jpg

↑ 五阿弥池から見た富田家、吉真家、道上家です、高子もしっかりポーズを決めています。

c0036317_5164948.jpg

↑ それではまた順路の新井家から見て歩きましょう。
[PR]
by yoas23 | 2009-12-11 05:28 | 飛騨の国紹介

あじめ峡

現在では合併して高山市となっている国府町の宮川に「あじめ峡」と呼ばれる場所があります。
高山盆地から古川盆地へと流れる途中で少し急流になる部分で岩肌が露出したなかなか景観の良い所です。
今では何も無く殺風景ですが、私の子供の頃は公園となっていて遊歩道などもあり、小学校の遠足には必ず目的地となりました。
学校から直線距離で6km強ですから、低学年にはちょうど良い距離ですね。
c0036317_2353492.jpg

c0036317_23535998.jpg

c0036317_2354986.jpg

c0036317_23542256.jpg
c0036317_23543195.jpg

c0036317_2354411.jpg

あじめ峡の名の由来ですが、清流に棲むと言われるアジメドジョウが多いところから付けられたようです。
確かに宮川は水も美しく昔はアジメも多く見られました。
[PR]
by yoas23 | 2009-11-07 00:03 | 飛騨の国紹介

にゅうかわ 宿儺祭り

昨日は恒例のにゅうかわ宿儺祭りが開かれました。
11月3日は特異日なので晴れることが多いのですが、今年は前日からの雪が残る寒い日でした。
それでも時々差し込む日差しは暖かく感じられたくさんの人出があったようです。
c0036317_993295.jpg

↑ 丹生川町のシンボル、円空作「両面宿儺」を模した木像

c0036317_994421.jpg

↑ 以前は日本一の宿儺鍋でしたが昨年からは古代米などを使った餅に変更、協力金は100円です。

c0036317_995338.jpg

↑ 特設ステージでは色々なイベントが披露されています。

c0036317_910363.jpg

↑ 子供たちによる一輪車の芸も拍手をたくさん集めていました。

c0036317_9101229.jpg

↑ 美味しそうに炭火焼の鮎が・・・

c0036317_9102044.jpg

↑ そして高山名物の「みだらしだんご」も良い香りを漂わせています。

c0036317_9102951.jpg

↑ 都会では必要の無い「輪かんじき」も売られていました。

c0036317_9103891.jpg

↑ 小さな子供が「塩せんべい焼き」の体験をしています。

c0036317_9104620.jpg

↑ なめこの菌が打ってある原木・・・値段は1,000円でした。
[PR]
by yoas23 | 2009-11-04 09:20 | 飛騨の国紹介

塩沢温泉 湯元山荘

飛騨は信州ほどでは無いですが温泉も各地にあります。
この塩沢温泉の露天風呂は以前に紹介しましたが、秋になると一度は入ってみたくなります。
高山市高根町の国道361号線の無印良品キャンプ場入り口から1.6kmほど入った辺りにあり、
とても鄙びた景観が人気の隠れ湯のようで、ブログでも入浴記がたくさん紹介されています。
泉質は「含二酸化炭素-ナトリウム・カルシウム-炭酸水素塩泉」と言うことで炭酸味に金属気味が感じられる天然温泉です。
ただ温度は低く湯注口は41℃、浴槽内では38℃と温めのお湯なので冬場には向かないかも知れませんが、
湯冷めはし難いお湯です。
近くにある山荘は今は営業していない塩沢山荘、露天風呂の管理は土地の人や入浴客などが行っています。
もちろん無料ですが脱衣場などはなく、大きな岩陰に脱いだ服を乗せる台が作られている程度です。
c0036317_735636.jpg

c0036317_74673.jpg

c0036317_741550.jpg

c0036317_74237.jpg

c0036317_743428.jpg

[PR]
by yoas23 | 2009-10-22 07:12 | 飛騨の国紹介

触れると祟りのある岩

高山市の上野平にある垣内遺跡には〆縄を張った三つの小さな岩があり「三ツ岩 」と呼ばれています。
垣内遺跡は縄文時代の住居址がたくさん発見されたことから何かの祭祀用に使われていたのでしょう。
上野平は台地になっており、火砕流や磯層で覆われていて元々岩の無い場所ですから、
これらの岩は何処か遠くから運んだものと思われます。
そのように大切にされた岩なのでおそらくそんな祟りの伝説が生まれたのでしょう。
c0036317_5471437.jpg

c0036317_5472986.jpg

c0036317_5473957.jpg

c0036317_5475275.jpg

高山市上野町にて
[PR]
by yoas23 | 2009-08-02 05:53 | 飛騨の国紹介

初夏の白川郷・・・続き

さて後編では普段観光客の方が訪れない風景を紹介しましょう。
前回の有名な場所は何時も人で賑やかですが、一歩外れると静かな佇まいが広がっています。
点在する合掌造りは観光用ではないため、そこかしこに生活感が窺える他家屋の維持の大変さも見て取れます。
c0036317_546145.jpg

c0036317_5461090.jpg

c0036317_5462045.jpg

c0036317_5462992.jpg

c0036317_546379.jpg

c0036317_5464721.jpg

c0036317_5465750.jpg

[PR]
by yoas23 | 2009-06-14 05:49 | 飛騨の国紹介