カテゴリ:野山の花( 381 )

オタカラコウ

山地の高茎草原は背丈もあろうかと思うほどの植物が高さを競っています。
その中でもマルバダケブキやこのオタカラコウは花の色が黄色なので良く目立ちます。
でも何分にも背丈ほどもあるので近付くのが大変です。
c0036317_434413.jpg

c0036317_4341588.jpg

[PR]
by yoas23 | 2011-08-09 04:35 | 野山の花

キスゲ

長野県の開田高原は昔、木曽馬の肥育のため草原がたくさん見られました。
最近は餌になる牧草は輸入物が主流のようで草刈もされなくなった土手が目立ちます。
それでも少し湿地がかった場所では色々な花が咲いていて楽しませてくれます。
中でもたくさんのキスゲが咲くとやはり信州という感じがしますね。
c0036317_4152925.jpg

c0036317_4154853.jpg

c0036317_416090.jpg

c0036317_4161234.jpg

[PR]
by yoas23 | 2011-08-06 03:49 | 野山の花

ノウゼンカズラ

ノウゼンカズラは真夏の花と言って良いかも知れないほどこの時期にはあちこちで目にします。
ジリジリと照り付ける太陽に負けることなく咲き誇る姿は見事ですね。
エキゾチックなこの花、何処と無く東洋の・・・と思ったら原産国は中国なのですね。
それがしっかり日本の風景にもマッチしています。
c0036317_4142082.jpg

c0036317_4143385.jpg

[PR]
by yoas23 | 2011-08-01 04:20 | 野山の花

クガイソウ

夏の高原を彩る花の一つにクガイソウがあります。
クガイソウの名前の起こりは葉が5~8枚くらい輪生してそれが9段程にもなることで九階草となり、
更に 「階」が「蓋」に変わり「九蓋草」と呼ばれるようになったということです。
この花も昔はたくさん見られたものでしたが最近は少なくなりました。
牛馬飼育のための牧草用の草原が今では少なくなったことも一因でしょう。
c0036317_62230.jpg

c0036317_621489.jpg

画像サイズを少し大きくしてあります。
高山市高根町にて
[PR]
by yoas23 | 2011-07-29 06:05 | 野山の花

ノカンゾウ

最近はヤブカンゾウがよく目立ち、反面ノカンゾウはなかなか見られなくなりました。
私の子供の頃はもっと何処にもあったような気がします。
ヤブカンゾウより湿った場所が好きなので乾燥化した現代では少なくなったのでしょうか・・・
朝開いて夕方には萎む一日花です。
c0036317_2212964.jpg

c0036317_2214180.jpg

高山市一之宮町にて
[PR]
by yoas23 | 2011-07-26 02:22 | 野山の花

ベニバナイチヤクソウとゴゼンタチバナ

高山植物とまでは行かないですが亜高山の花の2種類です。
どちらもある程度の標高が無いと見られません。
1~3枚目にベニバナイチヤクソウ、3、4にゴゼンタチバナが写っています。
ベニバナイチヤクソウはイチヤクソウの仲間では一番人気がある花でしょう。
またゴゼンタチバナの御前の由来をよく聞かれますが、白山連峰の最高峰の御前峰から来ています。
どちらも群生しているので絨毯のように拡がって見応えがありますね。
c0036317_371431.jpg

c0036317_372696.jpg

c0036317_373673.jpg

c0036317_374692.jpg

下呂市小坂町にて
[PR]
by yoas23 | 2011-07-23 03:15 | 野山の花

バイケイソウ

以前、乗鞍の高山植物の中で3種のバイケイソウに触れたと思いますが、今回これが「バイケイソウ」というものを目にしました。
バイケイソウの仲間は白い細かな花のコバイケイソウと、緑色の大きな花のミヤマバイケイソウ、
それにミヤマバイケイソウの近似種である今回のバイケイソウがあります。
ミヤマバイケイソウに比べ花の付き方が疎らで、花弁の色も白いことで見分けられるようですが、
確かに乗鞍にあるミヤマバイケイソウに比べると白っぽいです。
しかしこの2種はまだ品種としては確定していないとも聞きます。
クロユリやタンポポ、ホタルブクロなどと同じように高山の置換種なのかも知れません。
c0036317_642862.jpg

c0036317_6421976.jpg

c0036317_6422840.jpg

c0036317_6423852.jpg

高山市日和田高原にて
[PR]
by yoas23 | 2011-07-20 06:49 | 野山の花

オオマツヨイグサ

毎年この時期になると咲く花でこのブログでも何度も取り上げて来ました。
下から上に咲き上がりますが先端にはまだまだ新しい蕾が出来そうです。
マツヨイグサとは「待宵草」と書くところから来ていますが名の通り夜になって咲きます。
ですから日中になると萎んでしまいますから見るには早起きが必要です。
ところでよく「ツキミソウ」と呼ばれることもあるようですがツキミソウは別に存在しますね。
私は子供の頃、父から「ツキヨソウ」とも言うと聞いたことがあります。
あまり耳にしませんがそのように呼ばれる地方もあるのでしょうか・・・
c0036317_6151043.jpg

c0036317_6152265.jpg

高山市高根町にて
[PR]
by yoas23 | 2011-07-17 06:21 | 野山の花

もうヤナギランが咲きました

前回同様の高原ネタです。
夏の高原を彩る花はいくつかありますが白い花が多い中、色のある花?は人気がありますね。
クガイソウやキキョウ、アザミ、マツムシソウなど薄紫やピンクの花が特に人目を惹くようです。
その中でも特にこのヤナギランはわざわざでも見に行きたいのではないでしょうか?
ラン科ではなくアカバナ科の植物ですがどこと無くランを思わせるような花で、
ラン好みの山野草の愛好家には特に好かれているようです。
c0036317_6162227.jpg

c0036317_6163243.jpg

c0036317_6164177.jpg

高山市高根町にて
[PR]
by yoas23 | 2011-07-14 06:17 | 野山の花

ニガナ

先日高根町へ行った時にニガナに混じってシロバナニガナがたくさん咲いているのを見ました。
普通はどちらか片方なのですが両種が同じように見られる場所はあまり無いかも?・・・
ニガナは5弁のものを言い、6弁以上のものを特にハナニガナと呼んでいるようですが変異が多いグループですね。
c0036317_4532938.jpg

c0036317_4534499.jpg

c0036317_4535447.jpg

[PR]
by yoas23 | 2011-07-11 05:02 | 野山の花