カテゴリ:野山の花( 381 )

高山市の彼岸花

飛騨は寒冷地なので彼岸花も数本が田んぼの土手などに点在する他はこれと言った群生地も少ないです。
その中で2~300株が一か所に見られる場所が高山市下切町にあり、市の保護地域に指定されています。
例年であれば9月の彼岸には開花するのですが今年は10日ほど遅れたようです。
先日訪れた時はまだ満開のものやいくつかの蕾も見られました。
近所の人によると今年は一斉に咲かなかったのであまり見事ではないとのことでした。
生憎の曇り空だったので写真は花の発色が良くありませんがご覧下さい。
c0036317_3165890.jpg

c0036317_3103365.jpg

c0036317_3104668.jpg

c0036317_3173120.jpg

c0036317_3174147.jpg

c0036317_3183335.jpg

c0036317_3185357.jpg

c0036317_319359.jpg


↑ 自生地の詳しい地図です。
(細い道はスライダーで+の場所をクリックして下さい拡大します)
[PR]
by yoas23 | 2010-10-09 03:19 | 野山の花

名残の蓮の花

今年はこのブログで蓮の花を載せないまま終ってしまいそう・・・と言うことで、
それなら最後に咲く蓮を載せてみようかと蓮田へ行って見ました。
予想通りほとんどは散ってしまった中にいくつか花が、そして蕾も・・・
暑かった夏も終わりを告げるように今朝は寒くなってしまいました。
蓮の花を見るのもこれが最後かも知れません。
c0036317_4401926.jpg

c0036317_4402878.jpg

c0036317_4403762.jpg

c0036317_4404543.jpg

c0036317_4405540.jpg

c0036317_441385.jpg


寂しい蓮田ではつまりませんね、一面に咲いていた7月28日の蓮をサイズを大きくして載せましょう。
(1280×960あります、クリックして見て下さい)
c0036317_4483780.jpg

高山市丹生川町にて
[PR]
by yoas23 | 2010-09-14 04:50 | 野山の花

フシグロセンノウ

茎の節の部分がやや太くなって黒ずむところからフシグロの名前があります。
またセンノウとは京都の仙翁寺で栽培されたところから付いたようです。
朱色の花は日本の野草の中では珍しく遠くからでも直ぐに本種と判りますね。
また日影の薄暗い所ではよく目立つ花でもあります。
しかしこの花弁は傷みやすくなかなか綺麗なままのものは少ないようで滅多に出会えません。
今年も何度か目にしましたがようやく写真に撮る気になれました。
c0036317_1284154.jpg

c0036317_1285432.jpg

c0036317_129556.jpg

高山市丹生川町にて
[PR]
by yoas23 | 2010-09-10 01:30 | 野山の花

ワルナスビ

外来の帰化植物で一旦住み着くと根絶が難しい厄介者と言われていますが飛騨では案外珍しいものでした。
しかし最近はあちこち、良く見かけるようになりましたから、
繁殖の得意なワルナスビが何処でも見られるようになるには時間の問題かも知れません。
根、茎、葉共ににソラニンを含んでいるため有毒で、家畜などが誤って食べて命を落とすこともあるようです。
英名でもDevil's tomato「悪魔のトマト」やApple of Sodom「ソドムのりんご」などおっかない名前が付けられています。
c0036317_6351837.jpg

c0036317_6353033.jpg

高山市一之宮町にて
[PR]
by yoas23 | 2010-08-26 06:39 | 野山の花

ひょうたん池のヒツジグサ

もうかなり前から咲いていてそろそろ終りのヒツジグサ、出遅れた話題で済みません。
今年はひょうたん池へ行く予定は無かったのですが、以前に放流されたブラックバスやブルーギル(このブログでも取り上げました)のことが地方紙に載っていて、その後が気になったので訪れてみました。
すっかり駆除された池は従来の住人である鯉すら見られません。
そして「魚を釣らないように」の看板がいくつか立っていました。

昔の静けさに戻った池には名残のヒツジグサが少し咲いていました。
c0036317_6405475.jpg

c0036317_6411443.jpg

c0036317_6412472.jpg

c0036317_6413367.jpg

高山市松之木町にて
[PR]
by yoas23 | 2010-08-16 06:43 | 野山の花

田園にて (八重咲きのムクゲ)

民家から遠く離れた山田の一角に大きなムクゲがありました。
それも白い八重で今が盛りと咲き続けています。
せっかく美しく咲いても通る人はほとんど無く勿体無いやら可哀想やら・・・
でも当のムクゲはそんなことは思ってもいないでしょう。
そう言えば花は違いますが白川郷の民謡古太尽の一節にこんなのがあります。

「♪ 器量が~さーさよ~良いとて、けんたい振りゃおきゃれ、
深山奥山その奥山の岩に咲いたる千重のつつじ、
なんぼ器量良く咲いたかとても、人が手ささにゃその身そのまま果てる~さーさよー」

c0036317_23482158.jpg

c0036317_23474157.jpg

c0036317_23475188.jpg

c0036317_2348741.jpg

そして足元には可愛いネジバナが・・・
c0036317_23491776.jpg

高山市松之木町にて
[PR]
by yoas23 | 2010-08-14 00:03 | 野山の花

尾根道にて (ノギラン)

ノギランは葉の形の良く似たショウジョウバカマに比べ日当たりの良い場所を好みます。
赤土の露出した峠道のあちこちに今ちょうど開花時期を迎えた株がたくさん見られました。
c0036317_852389.jpg

c0036317_8525092.jpg


そして同じ場所にはこれもあるはずと思って探したら・・・ありました!トウヤク(センブリ)です・・・
c0036317_8534641.jpg

高山市江名子町にて
[PR]
by yoas23 | 2010-08-11 08:55 | 野山の花

谷間にて (タマアジサイ)

夏の暑い時は涼しい所に身を置きたくて時々マイナスイオンの豊富な谷間に行ってみます。
ちょうどタマアジサイが盛りと咲いていました。
c0036317_204528.jpg

c0036317_20594.jpg

そして時ならぬ山吹が一輪・・・↓
c0036317_22217.jpg

高山市江名子町にて
[PR]
by yoas23 | 2010-08-10 02:02 | 野山の花

トモエソウ

私は植物図鑑をいくつか持っていますので時々目を通して花の形などを頭の中に入れておきます。
ですから印象に残ったものにバッタリ出くわすと記憶の中からその情報が俄に引き出されて来ます。
トモエソウもその一つでした。
形が確かに巴で他の名前ではそぐわないほど適していて、これは忘れようが無い花です。
釣りの帰りに寂れた林道を歩いていて見付けました。
オトギリソウ科の植物ですが蕾の形は確かにそのグループ独特ですね。
c0036317_4295473.jpg

c0036317_430663.jpg

c0036317_4301585.jpg

高山市上宝町にて
[PR]
by yoas23 | 2010-08-06 04:32 | 野山の花

シロバナウツボグサ

ウツボグサの中に白い花の株が一本だけ混じって咲いていました。
これは突然変異?と思ったのですが、調べてみると別種のようでシロバナウツボグサと名付けられています。
普通のウツボグサより少し遅れて開花とのこと、そう言えばウツボグサが終わりかかってるのに白花は今が盛りのようですね。
c0036317_0255326.jpg

c0036317_026520.jpg

c0036317_0261621.jpg

高山市高根町野麦にて
[PR]
by yoas23 | 2010-08-03 00:27 | 野山の花