カテゴリ:イラスト・スケッチ( 207 )

餃子

最近のB級グルメはコンテストもあってなかなか人気がありますね。
その中で麺類や肉類などに引けを取らないものに餃子があります。
昨年、有名な浜松餃子をたくさん頂きました。
あっさりとしていて幾つでも食べられるとのことでしたがまさにその通りです。
ニンニクが入っていて好き嫌いがあるようですが最近はニンニクやニラなど使わないのもありますね。
c0036317_721692.jpg

[PR]
by yoas23 | 2011-04-23 07:04 | イラスト・スケッチ

やどかり

最近は屋台店でやどかりを売っていることも無いようですが、私の子供の頃は祭りの香具師などで売っていたものです。
大きな盥に入れられた大小様々なやどかり・・・なるべく大きなのが欲しいのですが大きいほど値段も高い。
小遣いに見合った大きさのものを求め家に持ち帰って飼育するのですが、
これが案外臆病なもので直ぐに殻に閉じ篭ってしまいます。
そんな時は貝殻の口に息を吹きかけると、あ~ら不思議!、もぞもぞと這い出して来ます。
屋台店から買って来る生き物は、金魚にせよ、ひよこにせよ、直ぐに死んでしまうのが習わしで、
今思えば可哀想なことをしたと思うのですが、逆にそのことで命の大切さを知ることが出来ました。
c0036317_415042.jpg

[PR]
by yoas23 | 2011-04-21 04:03 | イラスト・スケッチ

ゲンゴロウ

厳しい寒さが続いた飛騨にも水温む季節がやって参りました。
先日は町内の環境整備の日、住民こぞって年に一度だけ用水の掃除をします。
掬い上げられた泥の中からはトンボのヤゴだの鰌だのイモリだのが姿を現します。
そんな中に最近は珍しくなったゲンゴロウも・・・
見付けて何だか嬉しくなりました。
c0036317_6335135.jpg

[PR]
by yoas23 | 2011-04-14 06:34 | イラスト・スケッチ

初鰹

「目に青葉山ほととぎす初がつお」は有名な句ですね。
私たち山の中に住んでいてもこの時期はスーパーに新鮮な鰹が並びます。
江戸の時代では着物など質に入れてでも初物を頂いたとか・・・まさに季節の食材ですね。
最近は冷凍技術が発達して年中食べられたり、また夏には戻り鰹といって脂の乗ったのもまで頂くことが出来ます。
本当に便利な時代になったと喜んでいますが鰹は回遊魚、海が汚染されることが気掛かりです。
c0036317_6101978.jpg


More
[PR]
by yoas23 | 2011-04-12 06:11 | イラスト・スケッチ

オニチョロ

渓流釣りの好きな人には聞き慣れた名前ですが、オニチョロは俗名で実際はオオヤマカワゲラという昆虫の幼生の姿です。
3月1日には飛騨の渓流も解禁になりましたがこの時期の餌と言えばキンパクが良く使われます。
そのキンパクを数倍大きくしたのがこのオニチョロ・・・数倍大きいので喰って来る岩魚も大きいという訳で大物釣りが期待されます。
昔、渓を詰めた滝壺にこれを付けて放り込んだ時、すかさず40cmほどのが食って来た時のことが思い起こされます。
c0036317_6242276.jpg

[PR]
by yoas23 | 2011-03-10 06:27 | イラスト・スケッチ

オケラ

3月6日は啓蟄でしたね。
虫が冬眠から覚めて這い出す頃と言う訳ですが皆さんはどんな虫を想像されますか?
私は何故かオケラなのです。
オケラはコオロギに一番近い仲間と言われています。
田んぼを掘り起こす時など耕された後にのこのこ這い回る姿がよく見られますから案外身近な昆虫と言えます。
さて、一文無しになった時「オケラ」と言いますが、それはオケラの前足が万歳をしているように見えるところから来ています。
まったくお手上げの状態・・・手に取って観察するととてもユーモラスな虫です。
c0036317_5591831.jpg

[PR]
by yoas23 | 2011-03-08 06:00 | イラスト・スケッチ

セツブンソウ

飛騨の北部ではほとんど見られないキンポウゲ科の植物で、節分の頃に咲くことからこの名前があります。
関東以西が分布域で高さ10cmほどの小さな多年草です。
キンポウゲ科のこの仲間の花は春に開花するものが多いのですが、特にこのセツブンソウは早いようです。
ブナ科の森に多く見られるとのことのようですが、最近は盗掘よりイノシシの被害が多く報じられています。
生物は減ってしまって絶滅するのは困りますが、イノシシのようにまた増えるのもかえって生態系を崩しますね。
c0036317_685727.jpg

絵ではつまらないでしょう・・・こんな記事見付けました。まだリンクの承諾を得ていませんが・・・
[PR]
by yoas23 | 2011-03-06 06:11 | イラスト・スケッチ

お雛様

今日は桃の節句ですね。
女の子のいる家庭ではお雛様を飾っておられると思いますが、何時も申しております通り飛騨では月遅れなのでお祝いは4月3日です。
私の兄弟は男なのでお雛様には縁が全く無いのですが、飾ってあるお宅を覗くととても煌びやかな感じを受けます。
そうそう先ほどスーパーに行ったら節句のコーナーがあって菱餅ばかりではなくちらし寿司や手巻き寿司などたくさん用意されていました。
月遅れなのに・・・それでも買う人がいるのでしょうね。
c0036317_17284583.jpg

[PR]
by yoas23 | 2011-03-03 17:31 | イラスト・スケッチ

あぶり鮎

以前BSハイビジョンで「鮎踊る清流の四季 和歌山・古座川」という番組が放映されました。
火振り漁で獲った鮎を焼き枯らした後、藁で編んで吊るして保存しておいて、冬に鍋物や甘露煮、雑煮の出汁などに使うとのことです。
同じように昔の飛騨では岩魚を焼き枯らして保存しましたが、当時は動物性たんぱく質がなかなか手に入らなかったため貴重な食材だったようです。
c0036317_3214883.jpg

[PR]
by yoas23 | 2011-03-02 03:24 | イラスト・スケッチ

ハタハタ

秋田音頭に「♪秋田名物八森はたはた、男鹿でおがぶりこ~」とあるほど秋田では馴染みの魚のようです。
しょっつる鍋には欠かせない具材で特に卵を持ったプリプリの雌が好まれるとか・・・
そのためか分かりませんがこちらに届くのは雄ばかりです。
それでも骨が柔らかく小骨も気にならない魚なので塩焼きには向いていますね。
先日特売のパックがありましたので3パックを干物にしました。
c0036317_6341263.jpg

[PR]
by yoas23 | 2011-02-26 06:34 | イラスト・スケッチ