カテゴリ:乗鞍岳の高山植物( 132 )

ヨツバシオガマとミヤマミミナグサ

どちらも標高の高い所に咲く花ですが、鶴ヶ池畔のスカイライン沿いでは良く見られます。
ヨツバシオガマは乗鞍では一般的で、
鳥の嘴に似ている形からクチバシシオガマという名前のものもありますが、
ヨツバシオガマの方がが多いようです。
またミヤマミミナグサの花はイワツメクサに似ていますが、花弁の形や葉の感じなど違いがありますから比べて見るのも良いでしょう。
(どちらも3枚目のサイズを大きくしてあります)
c0036317_837157.jpg

c0036317_8371183.jpg

c0036317_8372384.jpg

↑ 以上3枚、ヨツバイオガマ

c0036317_8385868.jpg

c0036317_8391025.jpg

c0036317_8392236.jpg

↑ そしてこちらの3枚がミヤマミミナグサです。
[PR]
by yoas23 | 2009-08-15 08:43 | 乗鞍岳の高山植物

ハクサンイチゲとキバナシャクナゲ

どちらも以前に紹介済みですが、その時に書きましたように乗鞍では何処でも見られる花です。
特に畳平のハクサンイチゲは随一のものと言われています。
今回バスを降りて登山を始めた直ぐに畳平を通ったのですが、今年はまだこの時期にたくさんの花が見られました。
ただ全体には終わりかけで雪融けの遅い場所で無ければ咲き始めは見られません。
ここの剣ヶ峰の先ではまだ新鮮な花を楽しむことが出来ましたが、
それはキバナシャクナゲも同じこと、特に開花の早いキバナシャクナゲは他では既に終ってしまっていましたので出会えたことはラッキーでした。
c0036317_520326.jpg

c0036317_5201522.jpg

c0036317_5202841.jpg

c0036317_5204093.jpg

↑ 以上4枚がハクサンイチゲです

c0036317_5211666.jpg

c0036317_5212688.jpg

c0036317_5214654.jpg

c0036317_52229.jpg

↑ そしてこの4枚がキバナシャクナゲ、どちらも4枚目のサイズを大きくしてありますのでクリックして見て下さい
[PR]
by yoas23 | 2009-08-11 05:26 | 乗鞍岳の高山植物

イワツメクサとミヤマダイコンソウ

剣ヶ峰でコマクサを見たついでに岩場に咲くイワツメクサとミヤマダイコンソウも撮って来ました。
株によっては既に散りかけたものもありましたが、総じてこちらも見頃のものが多かったような気がします。
ブライダルベールを思わせるイワツメクサはとても清楚な花で、爽やかさの感じられる花ですね。
またミヤマダイコンソウは良く似た花がいくつかありますが、今回もその違いは追って説明したいと思います。
c0036317_413314.jpg

c0036317_4134327.jpg

c0036317_4135489.jpg

c0036317_41479.jpg

以上4枚がイワツメクサで、下の4枚がミヤマダイコンソウです。
(イワツメクサの最後の写真のみサイズを大きくしてあります)

c0036317_414341.jpg

c0036317_4144747.jpg

c0036317_4145962.jpg

c0036317_415967.jpg

[PR]
by yoas23 | 2009-08-10 04:17 | 乗鞍岳の高山植物

今年のコマクサ

高山植物の紹介、最初はコマクサにしましょう。
乗鞍岳では各所で見られますが、群生地となるとそんなに多くはありません。
それは登山者が多いので立ち入り禁止のロープが登山道に張られて、歩く範囲が制限されているからです。
しかし剣ヶ峰の先の千町ヶ原への登山道を少し降りた所に登山道脇で見られる群生地がありますので、
今回も降りて見ることにしました。
今年は長雨のため少し花が傷んでいましたが、それでも今がちょうど見頃となっていました。
c0036317_5105813.jpg

c0036317_5111173.jpg

c0036317_511227.jpg

c0036317_5113226.jpg

c0036317_5114223.jpg

今回は一番最初と2番目の写真のサイズを大きくしてあります。
[PR]
by yoas23 | 2009-08-09 05:17 | 乗鞍岳の高山植物

エゾシオガマ

乗鞍の高山植物ではヨツバシオガマというのが案外知られているのですが、
こちらのエゾシオガマは知らない人も多いようです。
と言うのも高山の礫地ではなく主に亜高山帯に生育しているからでしょう。
乗鞍の場合はあまり歩くことなく山頂まで行き着いてしまうので馴染みが無いですが、
高山植物を楽しむのであればやはり歩いて登るのが一番ですね。
c0036317_9564333.jpg

c0036317_9565458.jpg

[PR]
by yoas23 | 2008-08-28 09:59 | 乗鞍岳の高山植物

ミヤマミミナグサ

気を付けて見ないとイワツメクサと混同されやすいのがミヤマミミナグサ、
乗鞍ではイワツメクサのように多くは無いのですがたまに見ることが出来ます。
花弁の先端の裂けの状態などで区別し、ミヤマミミナグサの方はイワツメクサより数が多く、一見して20枚ほどの花弁があるように見えます。
畳平の鶴ヶ池畔にはすぐ近くに2種が見られる場所があり観察には好都合です。
他にこの仲間ではホソバツメクサも乗鞍にはあります。
c0036317_0294112.jpg
c0036317_0295558.jpg

乗鞍連峰四ッ岳にて
[PR]
by yoas23 | 2008-08-26 00:32 | 乗鞍岳の高山植物

クロトウヒレン

面白い名前が付けられた植物ですが、ヒゴタイと同じのアザミの仲間で、
トリカブトやミヤマアキノキリンソウなどと共に亜高山帯では秋の花です。
乗鞍では岐阜県側のスカイライン9k地点付近から猫岳周辺に多く見られます。
c0036317_11494893.jpg

c0036317_11495937.jpg

c0036317_1150980.jpg

[PR]
by yoas23 | 2008-08-24 11:51 | 乗鞍岳の高山植物

イワギキョウ

乗鞍ではそろそろ秋の様相になって来ました。
夏の花に代わって秋の花がお花畑や道端に咲いています。
秋の空を思わせるキキョウの色、どことなくもの寂しげなトウヤクリンドウなど訪ね歩くも楽しみです。
キキョウの仲間は乗鞍ではイワギキョウとチシマギキョウの2種がありますが、
見分けは簡単、イワギキョウの方は一回り小さな花が上向きに咲きます。
またチシマギキョウのように花弁に縁毛がありません。
c0036317_0475015.jpg

c0036317_048443.jpg

c0036317_0481699.jpg

[PR]
by yoas23 | 2008-08-12 00:49 | 乗鞍岳の高山植物

ウラジロタデ

乗鞍にはこのウラジロタデの他にオンタデもありますが、ウラジロタデは少なく局所的にしか見られません。
北隣の焼岳はウラジロの方が多いので、オンダデの語源である「御岳の蓼」の意味どおり、南の方がルーツかも知れませんね。
ウラジロはオンタデに比べて葉の厚みがあるように見えますし、また毛深く葉の裏が文字通り白いのが特徴です。
そうそう、これは下界のイタドリと同じ仲間です。
c0036317_5344899.jpg

c0036317_535134.jpg

[PR]
by yoas23 | 2008-08-04 05:36 | 乗鞍岳の高山植物

イワウメ

高山植物で岩場に咲くものをいくつか紹介しましたが、このイワウメもまた名前の通り岩場に見られます。
薄い黄色の花は厚みもあるようでちょっと変わった花のようです。
しかもそれにも増してびっしりと隙間無く埋まった葉の感じも他には見られない様相ですね。
c0036317_5282741.jpg

c0036317_5284088.jpg

c0036317_5285116.jpg

c0036317_529267.jpg

[PR]
by yoas23 | 2008-08-03 03:25 | 乗鞍岳の高山植物