カテゴリ:乗鞍岳の高山植物( 132 )

ミヤマダイコンソウ

これに良く似た黄色い花は高山植物にはいくつか見られますが、それぞれに特徴があり同定は簡単です。
しかし間違って覚えていらっしゃる方も相当あるのには驚きます。
特に引率のガイド自体が間違って教えていた場面にも遭遇しビックリしたものですが、
それで覚えてしまうと、一生間違った教養を身に付けることになっていまいますから注意が必要ですね。
以前に良く似たものとの区別方を述べていますのでこちらもご覧下さい。
c0036317_15522100.jpg

c0036317_1553421.jpg

c0036317_1554426.jpg

c0036317_1555456.jpg

乗鞍連峰剣ヶ峰にて
[PR]
by yoas23 | 2008-07-22 15:13 | 乗鞍岳の高山植物

ジムカデ

地を這うムカデのような葉の形からこのような名前が付きました。
丈は数センチでツガザクラなどより矮小ですが、ツツジの仲間であり小さくともこれで樹木なのです。
小さな白い花を下向きに付けますが、実の頃になると上向きになるのは面白い習性ですね。
岩場を好む植物で乗鞍では肩の小屋の下方や剣ヶ峰などに見られます。
c0036317_4225372.jpg

c0036317_423926.jpg

c0036317_4232013.jpg

[PR]
by yoas23 | 2008-07-22 04:26 | 乗鞍岳の高山植物

先ずはハクサンイチゲから

乗鞍に咲く高山植物はたくさんありますが、代表と言えばこのハクサンイチゲが上げられると思います。
別に乗鞍岳でなく何処でもあるのですが、群落の規模は随一と言われており、
畳平のお花畑 は一色に染まったように見えます。
今回は畳平ではまだ咲き始めだったので他で撮りましたが、
それでもようど咲き出した鮮やかさは通る人の目を楽しませること請け合いでしょう。
c0036317_2233437.jpg

c0036317_2235568.jpg

c0036317_2241095.jpg

c0036317_224229.jpg

c0036317_2243257.jpg

[PR]
by yoas23 | 2008-07-21 22:08 | 乗鞍岳の高山植物

キバナシャクナゲ

(乗鞍の高山植物)のカテゴリで2度目のキバナシャクナゲです。
乗鞍には他にハクサンシャクナゲもありますがこちらの方がより高い所に咲きます。
他の植物に先駆けて開花するため、雪が溶けるとこの時期真っ先に見られます。
他にはそろそろミネズオウやイワウメなどの花も見られるようになるのですが、
まだ一部だけの開花で、おまけに花弁が小さなため遠目では確認が難しいものです。
c0036317_2485964.jpg

c0036317_2491244.jpg

c0036317_2492916.jpg

[PR]
by yoas23 | 2008-06-30 02:54 | 乗鞍岳の高山植物

シラタマノキ

アカモノの項で触れたシラタマノキは亜高山から高山地帯の植物で、アカモノより上部に自生する。
乗鞍では山麓から見られるが、多いのは長野県側の位ヶ原辺り。
秋には下の写真のように、白い玉のような実を付ける。
この実はサロメチールの香りがして、果実酒にすると何とも言えぬ爽やかさがあって良いものだが、乗鞍は国立公園内なので採取することは出来ない。
山奥の瓦礫地か岩場を探すのが良かろう。
c0036317_6454821.jpg

c0036317_6463538.jpg

c0036317_6461119.jpg

乗鞍岳にて
[PR]
by yoas23 | 2006-07-21 06:49 | 乗鞍岳の高山植物

ミヤマバイケイソウ

全体にコバイケイソウのような姿で特に花の無い時期には区別が付きにくいですが、
花はコバイケイソウが白いのに対しこちらは緑色で長く塔のように伸びます。
スカイライン沿いには少なく僅かに桔梗ヶ原で目にするほどですが、千町の登山道ではよく見かける花です。
c0036317_0514038.jpg

c0036317_052728.jpg

乗鞍岳 千町登山道にて
[PR]
by yoas23 | 2005-10-20 00:53 | 乗鞍岳の高山植物

ゴゼンタチバナ

高山植物というより亜高山帯に広く分布する種で、ちょっと高い山であればどこでも見られます。
4枚の白い花が印象的ですが、時にはこの枚数が多いこともあるようです。
乗鞍では山麓に良く見られ、スカイラインではオオシラビソやダケカンバのある樹林帯の林床などで秋には真っ赤な実を付けます。
c0036317_74476.jpg

乗鞍スカイライン 猫岳付近にて

下の画像はゴゼンタチバナの真っ赤に熟した実 (長野県縞枯山にて)
c0036317_750191.jpg

[PR]
by yoas23 | 2005-10-17 07:47 | 乗鞍岳の高山植物

テガタチドリ

乗鞍にはノビネチドリやハクサンチドリなどと共に、このテガタチドリもスカイライン沿道には多く見られます。
特に6kポスト付近には白花も交えて賑やかに咲きます。
スカイラインは車両の安全通行のための草刈がなされますが、
当然国立公園内ということもあって充分な注意が払われ、貴重な植物は傷つけることのないように気遣われています。
c0036317_17361167.jpg

乗鞍スカイラインにて
[PR]
by yoas23 | 2005-10-13 17:38 | 乗鞍岳の高山植物

シナノヒメクワガタ

シナノヒメクワガタは昆虫のクワガタムシの仲間と間違うような名前です。
花は小さくよほど気を付けていないと見付けらませんが、一旦探し当てれば目が慣れるのか結構見つかるものです。
乗鞍では各所で目にすることが出来ますが特に畳平やコロナ観測所などの建物周辺や、平湯登山道の大丹生岳付近など多く見られます。
c0036317_17374071.jpg

乗鞍連峰 大丹生岳にて
[PR]
by yoas23 | 2005-10-12 18:00 | 乗鞍岳の高山植物

オオレイジンソウ

トリカブトに近い仲間ですが花はクララに似ています。
以前にインターネットで検索したことがありましたが、検索結果が少なかったことを覚えています。
本州の亜高山と北海道に分布とあり、何処でも案外多くない植物なのだからでしょうか・・・
乗鞍でも少なくスカイラインの沿道に僅かに見られるほどです。
レイジンソウとは伶人草と書くそうで、広辞苑によれば音楽を奏する人。
特に雅楽寮で雅楽を奏する人、楽人、楽官。とありますが、なかなか優雅な名前をもらったものだと思います。
c0036317_920274.jpg

乗鞍スカイライン 猫岳付近にて
[PR]
by yoas23 | 2005-10-09 09:24 | 乗鞍岳の高山植物