カテゴリ:小さな旅( 108 )

能登半島 ゾウゾウ岩

能登外浦海岸に「ゾウゾウ鼻見晴らし展望台」というスポットがありました。
確かに展望台からの眺めは素晴らしかったですが、果たして岩の形は象の鼻に見えるでしょうか・・・?
c0036317_055049.jpg

c0036317_0551392.jpg

c0036317_0552384.jpg

天気の良い日はこの場所から舳倉島や七ッ島、遠く佐渡島までも見られるとのことですが、生憎時化のこの日は見られませんでした。
c0036317_8223881.jpg



[PR]
by yoas23 | 2010-12-07 00:59 | 小さな旅

能登半島 男女滝

輪島市の上大沢町から門前町へ向かう県道沿いに男女滝(なめたき)と言う布を長く引いたような滝があります。
名前のように二本ある流れは右が男、左が女と言われ寄り添って流れる様を男女に例えたようです。
夏にはこの滑を子供たちが滑り降りる姿が見られるとかとか・・・涼しいでしょうね。
c0036317_18592519.jpg

c0036317_18593635.jpg

c0036317_18594726.jpg

c0036317_18595716.jpg



[PR]
by yoas23 | 2010-12-06 19:01 | 小さな旅

能登輪島より

能登半島輪島市鵜入港です。
冬の日本海はやはり波が高いです。
c0036317_17385119.jpg

[PR]
by yoas23 | 2010-12-05 17:29 | 小さな旅

能登金剛 3

ヤセの断崖、義経の舟隠しと見て周ったついでにその辺りの断崖を散策しました。
崖の上は何処にでも見られるクズは強風のため育たないのか背丈の低い草が繁って、
その中には案内にあったようにツリガネニンジンの薄紫もありました。
でもここに自生すると言われるコオニユリは花の時期では無く見られないのが残念でした。
c0036317_5405912.jpg

c0036317_5411032.jpg

c0036317_5411927.jpg

c0036317_5412931.jpg

c0036317_5413956.jpg

c0036317_5414872.jpg

[PR]
by yoas23 | 2010-10-14 05:42 | 小さな旅

能登金剛 2

前回のヤセの断崖の近くに「義経の舟隠し」という景勝地があります。
崖に大きな裂け目の出来た所で、源頼朝の追っ手から逃れるため義経一行の舟46隻が隠れたと言われています。
果たしてその真偽の程は分かりませんが実際にの中に入ったら沖からは見逃すかも知れませんね。
c0036317_156430.jpg

↑ 遊歩道を通り過ぎそうになりますがこの看板が存在を教えてくれます。柵越しに下を覗くと・・・

c0036317_1561556.jpg

↑ ここが舟隠し、足元が竦む崖です。

c0036317_1562764.jpg

↑ 他にも似たような地形がありました。ここでも2~3隻であれば隠れられるかも知れません。

c0036317_1563723.jpg

↑ 沖は何処までも青い海です。

c0036317_1564750.jpg

↑ 北脇崎から見た前浜の集落、朝日が照り付けていました。
[PR]
by yoas23 | 2010-10-10 02:11 | 小さな旅

能登金剛 1

たまに海が見たくなると出かける能登半島、高速網の充実で時間も掛からなくなりました。
夜中に出れば夜明けは能登で迎えることも今は可能です。
c0036317_1404466.jpg

↑ 今回は能登金剛のヤセの断崖でご来光を拝みます。

c0036317_1405474.jpg

c0036317_141481.jpg

↑ 穏やかな海でもやはり日本海、高い波も時々押し寄せています。

c0036317_1411319.jpg

↑ これがヤセの断崖、松本清張の「ゼロの焦点」の舞台となった所です。

c0036317_151473.jpg

↑ 看板の文字を読む方はクリックして下さい、辛うじて読めるサイズになります。
[PR]
by yoas23 | 2010-10-08 01:47 | 小さな旅

新潟の旅 弥彦神社

ユキワリソウや弥彦山々頂の次で後先になりましたが、朝一番には先ず弥彦神社へお参りしました。
この神社は「おやひこさま」と呼ばれ越後一ノ宮として広く信仰を集めている古社で、
創建は不詳ですが祭神は天香山命「アメノカゴヤマノミコト」とのことです。
c0036317_574772.jpg

c0036317_575610.jpg

↑ 神社の鳥居は二ヶ所ありますが、今回は駐車場からの東側を潜って参拝します。

c0036317_58672.jpg

↑ 神域を充分に感じさせる深い杉木立の中を進むと、広大な敷地の真ん中に手水舎が見えます。

c0036317_581754.jpg

↑ 欅でしょうか、とても重厚な造りです、ここで清めて行きましょう。

c0036317_582675.jpg

↑ 随神門の先にはいよいよ拝殿です。

c0036317_58359.jpg

↑ 拝殿は古社を思わせる素晴らしい造りです。広い境内も初詣にはさぞかし賑わうことでしょう。

c0036317_584564.jpg

↑ 敷地内には武呉大神 草薙神社 今山神社など多くの末社群も祀られています。
[PR]
by yoas23 | 2010-04-28 05:25 | 小さな旅

道の駅「平成」の桜

下呂市から関市への途中にある道の駅「平成」は年号と同じ字名で有名な所、今はちょうど桜が満開となっています。
この辺りまで行けば飛騨高山ではまだ早いソメイヨシノも盛りが見られるということで行って来ました。
桜と青空は良く合うのですが川の流れにもまた良い風景を魅せてくれます。
冬が長くモノクロの世界に浸っていた者には春の光は強烈で、他の季節では感じられないほど朝日が眩しく目に沁みました。
c0036317_0112095.jpg

c0036317_011313.jpg

c0036317_0114052.jpg

c0036317_0115014.jpg

c0036317_012035.jpg

c0036317_012963.jpg

[PR]
by yoas23 | 2010-04-13 00:16 | 小さな旅

那智の滝

紀伊半島レポートの最後は何と言っても那智の滝、日本一とも言われる容姿はまさに御神体そのものです。
熊野那智大社の社伝によると、神武天皇が熊野灘から那智の海岸に上陸された時に、
那智の山が黄金色に光輝くのを見て那智の滝を探り当てられ、それからは神としてお祀りになられたとあるそうです。
私が訪れたのはちょうど朝日が差し込む時で巨木の杉木立さえも金色に染まり、まさに神域に居るということが実感出来ました。
c0036317_8255915.jpg

c0036317_82699.jpg

c0036317_8261752.jpg

c0036317_8262685.jpg

c0036317_8263583.jpg



動画があります (音の大きさに注意して下さい)
[PR]
by yoas23 | 2009-11-02 08:30 | 小さな旅

獅子岩

紀伊半島の国道42号線を伊勢より南下してようやく広い海が見えるようになった所にこの獅子岩があります。
獅子の横顔と言うことですが、何の説明も要らないですね。
近くを流れる井戸川の上流に鎮座する大馬神社の狛犬に見立てられていて、鬼ケ城とともに国の名勝天然記念物に指定されています。
c0036317_8195970.jpg

c0036317_820864.jpg

c0036317_820175.jpg

c0036317_8202746.jpg

↑ 左が獅子岩、手前は七里御浜、獅子岩の向こうに鬼ヶ城が見えます。
三重県熊野市

[PR]
by yoas23 | 2009-10-30 08:24 | 小さな旅