<   2006年 12月 ( 25 )   > この月の画像一覧

どうぞ良いお年を・・・

今日が今年最後の日となりました。
何時もご訪問やコメントなど頂き有難うございました。
また来年も淡々と更新して行きたいと思いますのでよろしくお願い致します。
どうぞ皆様良いお年をお迎え下さい。
c0036317_6342623.jpg

[PR]
by yoas23 | 2006-12-31 06:35 | 想うこと

寒い朝

暖冬、小雪で穏やかな年の暮れも一昨日まで、昨日は一級の寒波に見舞われ一転寒い朝となった。
積雪は20cmほど気温は氷点下7℃、久々の飛騨の雪道の運転である。
馴れというものは恐いもので、毎年雪道を運転しているとスピード感がなくなってしまう。
乾いた道路と同じように走る車ばかり、特に郊外の国道などは除雪の確かさから飛ばす車が多い。
今年も事故を起さぬように・・・と願いつつ。
c0036317_5492939.jpg

c0036317_5494083.jpg

[PR]
by yoas23 | 2006-12-30 05:50 | 日々の発見

メザシ

1950年(昭和25年)吉田内閣時の大蔵大臣、池田勇人氏は「貧乏人は麦飯を食え」と言われたそうですが、
大衆魚の鰯も同じような存在だったように思います。
千葉県の銚子は鰯の水揚げの多い所で、銚子と言えば鰯と言われたほどですが、
最近では漁獲高が減ったのか、他の養殖魚の餌となってしまうのか分かりませんが、高級品になってしまいました。
しかしメザシなんかを見ても我々の世代では安物に見えてしまい、いざ買おうと言う気もあまり起こりません。
2本もあれば茶碗1杯のご飯は軽く食べられるのですが・・・。
c0036317_1739658.jpg

[PR]
by yoas23 | 2006-12-27 17:40 | イラスト・スケッチ

イワタケ

キノコのシーズンも終わったのに、イワタケ?・・・
イワタケとは苔の仲間で地衣植物の一種で行者の食べ物とか、仙人の食べ物とかいわれるもので、断崖絶壁に僅かながら自生する植物です。
それを採取しようとするには余程の体力、行動力が必要とされ、一歩間違えば当然あの世行きとなってしまいます。
晴れた日に採ると乾燥しているため壊れてしまうので、雨上がりが良いのですが、そんな時は特に危険が付きまといます。
そんなにしてまでして採った貴重なイワタケは料亭などで少量の佃煮として出されます。
珍味と言う名に遠くを思い馳せると、何か仙人になったような気さえして来るから不思議です。
仙人の食べ物は「霞」ばかりではなく、このイワタケやサルオガセ、またマキバエイランタイなども食べていたと聞きますが・・・
真偽の程はどうなのでしょうね?
c0036317_1391758.jpg

c0036317_1392879.jpg

c0036317_1393715.jpg

c0036317_139566.jpg

[PR]
by yoas23 | 2006-12-22 13:12 | 食いしん坊

冬至

今日12月22日は冬至です。
一年の中で昼間の時間が一番短い日という天文学的には特異な日ですが、
太陽が南回帰線上にあるだけのことで、赤道付近に住む人にとってはどうでも良い日なのかも知れません。
しかし日本ではこの日に行事も多く、柚子湯に浸かったりかぼちゃを煮て食べる風習があります。
太陽はこれからだんだん北半球を照らすようになりますが、その影響は遅れて届くため、寒さはこれから一月ほどが山場です。
風邪など引かないように過ごすための知恵なのでしょう。
我が家でも早速今晩はかぼちゃに・・・。
c0036317_6321154.jpg

[PR]
by yoas23 | 2006-12-22 06:32 | イラスト・スケッチ

冬蕨の続報

先日アップのフユノハナワラビを撮影した場所に再度行ってみました。
少し雪が積もっていましたが元気が良く、さすが冬蕨の名を頂いただけのことはあると感じました。
こんなに生命力が強ければやはり漢方薬として使えるのでしょう。
c0036317_6334315.jpg

[PR]
by yoas23 | 2006-12-21 06:34 | 野山の花

ミツバアケビ

イラストの題材に何が良いか?と迷うのですが、この路線のものが描きやすいということで自然関係を・・・。
絵手紙として出す時はもう少し線を太くしたりして手直しするとして、昔からボタニカル・アートを描いてみたいとの気持ちが強く、先ずはその一歩ということで、植物関係を選んでいます。
今回はミツバアケビですが、そのように見えるでしょうか?。
c0036317_1723933.jpg

[PR]
by yoas23 | 2006-12-20 17:23 | イラスト・スケッチ

冬蕨 (フユノハナワラビ)

ワラビのようでワラビではない植物。冬蕨(フユノハナワラビ)です。
背丈の低い湿った草原などに点在するように見られる植物で、冬に限ったことではないのですが、
他の草が枯れる時期に、緑の葉と蕨の塔のような花穂が目立つのでこの名があるのでしょう。
根茎を干して煎じたものは胃腸薬として使えるそうです。
c0036317_1224697.jpg

c0036317_123051.jpg

c0036317_123104.jpg

[PR]
by yoas23 | 2006-12-19 01:23 | 野山の花

千間樽よりの御岳

今年の秋は何度か千間樽から乗鞍や御岳を望む機会に恵まれました。
と言うのも訪れた時は天気が良かったことが幸いしていたと言えるでしょう。
飛騨からの御岳は、北側(左)の継子岳(2859m)が日和田富士と呼ばれるごとく、富士山のようなコニーデ形の山で馴染み深く、何処から見てもそれとすぐに分かります。
今回はスケッチで・・・。
c0036317_17233248.jpg

[PR]
by yoas23 | 2006-12-18 17:24 | イラスト・スケッチ

いのしし肉の味噌漬け

以前友人より頂いたイノシシの肉が冷凍庫に眠っています。
そのまま寝かせておいても良いのですが、ここらでちょっと味噌漬けでもと思い少量を解凍しました。
味噌は大豆の田舎味噌を使い、にんにく、一味、砂糖、日本酒と隠し味に醤油を少々・・・。
半日漬け込んでホットプレートで焼いて食べます。
味噌は肉を柔らかくする作用があり、また身体を温めてくれるので、冬の料理に肉の味噌漬けは最適です。
イノシシの肉が無い時は豚肉でも美味しく出来ますが、あまり長く漬けておくとしょっぱくなるのでご注意を・・・
c0036317_1728418.jpg

c0036317_17281290.jpg

c0036317_17282056.jpg

[PR]
by yoas23 | 2006-12-17 17:37 | 食いしん坊