<   2007年 07月 ( 41 )   > この月の画像一覧

夏わらび

夏わらびと言ってもフユワラビのような別の種類ではなくあのわらびと同じものです。
春の山菜としてはお馴染みなのですが、この時期もまだわらびが食べられます。
草刈がある程度なされる草原であれば刈り取った後からまた新芽が出て来ます。
春のものよりアクが少ないので、少し軽めのアク抜きで良いので、歯ざわりを残したお浸しなどが良いですね。
c0036317_0374462.jpg

c0036317_0375482.jpg

c0036317_038488.jpg

[PR]
by yoas23 | 2007-07-31 00:38 | 山菜

名前の無い滝

高山市丹生川から上宝へ抜ける山道で、道路から一瞬チラッと見える滝があります。
落差は大したことが無いのですが、滑の川床から滑り落ちるように流れる滝は趣があります。
よくローカルの話題で、時々ブログなどに紹介されていますが、名前は無いようです。
私がこの滝の存在を知ったのはもう30年ほども前のことで、
谷川を魚を釣って遡上していた時、目の前に現れたこの滝が妙に気に入ってしまいました。
それからはこの道を通る時は必ず立ち寄ることにしています。

滝の涼しげな感じが伝われば幸いです。
暑中お見舞い申し上げます。
c0036317_2131210.jpg

c0036317_2132494.jpg

c0036317_213364.jpg

c0036317_2134727.jpg

高山市上宝町にて
[PR]
by yoas23 | 2007-07-30 02:16 | 飛騨の国紹介

ヒツジグサ

先日ヒメコウホネを載せましたがその池にはヒツジグサもあります。
今年はローカルのテレビ放映でこの池が紹介されていました。
ヒツジグサは睡蓮の原種としても知られており、ユーラシア大陸や北アメリカ大陸などにも広く分布しています。
水中葉と浮葉を持っており、浮葉は秋には赤く紅葉します。
未の刻の頃に花を広げると言われて付けられた名前ですが、実際はその時間だけではなく、
明るい天気の良い日は午前中からも咲いていることから、光の量によって開花が促されるようです。
また一日花ではなく数日咲き続けますので、一般に花期も長く、全体では6月頃から9月まで見られるということです。
ヒツジグサの好む環境は小さな池や沼で草食魚のいない場所で、鯉等を同居させると勢いが弱くなるとも言われています。
c0036317_550309.jpg

c0036317_5504243.jpg

c0036317_5505284.jpg

c0036317_551637.jpg

c0036317_5511768.jpg

c0036317_551281.jpg

高山市松之木町にて
[PR]
by yoas23 | 2007-07-29 05:57 | 野山の花

ウスタケ

図鑑で見ていて名前は知っているけど食べられるキノコだったかな?と思うのは結構あります。
ただ猛毒のものはしっかりと頭に中に叩き込んでいるので、その場でしっかり確認出来ますが、
たいした毒キノコで無い場合は持ち帰って同定することにしています。
今回もそうでした、薄暗い渓谷を岩魚釣りのためにクマザサの斜面を下っていた時見付けたウスタケ、
ちょうど写し頃だったので先ずは写真を撮って、その後少量を袋に詰めて帰りました。
図鑑では煮こぼせば食べられるとありますが、一応毒キノコでした。
嘔吐、下痢だそうで「死に至る」とは書いてありませんでしたが、試すのは止めました。
c0036317_651742.jpg

c0036317_653041.jpg

c0036317_653973.jpg

高山市高根町にて
[PR]
by yoas23 | 2007-07-28 06:07 | きのこ

ギンボシヒョウモンとオオウラギンスジヒョウモン

初夏から野原や土手に咲くアザミなどの花に好んで集まるのが大型のヒョウモンチョウの仲間で、
十種近くが日本に住んでいます。
ウラギンヒョウモンやミドリヒョウモン、などどれも良く似ていて、区別が難しいのですが、慣れると簡単に見分けが付きます。
幼虫は各種のスミレを食べますから、案外家の近くで発生していることもありますが、夏の暑さが苦手で、夏眠といって盛夏には活動を休止してしまい、また秋に姿を見せるといった面白い生態を示しています。
c0036317_4452219.jpg

c0036317_4453261.jpg

↑上2枚はギンボシヒョウモン
  高山市丹生川町にて
c0036317_4454651.jpg

↑オオウラギンスジヒョウモン、後ろ羽の裏に銀色の線があるのですが、生憎裏を見せてくれませんでした。
  高山市松之木町にて
[PR]
by yoas23 | 2007-07-27 04:49 |

ガクアジサイ

これもまた時期が遅いような気がしますが、高山では今が盛りと咲いています。
サワアジサイの項でガクアジサイとの違いに花の大きさを上げましたが、これは確かに大型で普通のアジサイほどもあります。
また葉のツヤもしっかり認められ厚みも厚いようで、これなら間違うことはありません。
高山では自然には無く、公園などに植栽されています。
c0036317_14303191.jpg

c0036317_14304235.jpg

c0036317_14305114.jpg

高山市城山公園にて
[PR]
by yoas23 | 2007-07-26 14:33 | 野山の花

雨上がりの峰 4

遅れていた梅雨明けももう直ぐということで、この雨上がりの峰シリーズも今回が最後です。
また秋にはもう少し身近な雨上がり風景を探してみたいと思います。
今日の山は焼岳、北アルプスでは有名な活火山です。
奥飛騨温泉はこの山の恩恵を蒙っています。
c0036317_23521988.jpg

c0036317_23523051.jpg

これもまた高山市奥飛騨温泉外ヶ谷よりの眺めです。
[PR]
by yoas23 | 2007-07-25 00:10 | 山歩き

アルハンブラの想い出

高校生になってギターを手にして、最初はお決まりの「禁じられた遊び」(愛のロマンス)を一生懸命に練習しました。
当時はこの曲が結構流行っていましたが、それは日活の青春映画「愛と死を見つめて」のヒットからでした。
浜田光夫演じるところのマコが電話機を通して相手のミコ、吉永小百合にギターを弾いて聞かせる件があり、それが人気を呼んだものと思います、
誰でも一度は練習された曲と思いますが、禁じられた遊びが弾けるようになると、もう少し手の込んだ曲に挑戦したくなります。
そこで私が選んだのはタルレガの「アルハンブラの想い出」という曲で、当時ナルシソ・イエペスが演奏していました。
楽譜を頼りに指先がもつれそうになる位に練習して、曲もようやく形になりました。
しかし、その後練習を怠っていますので、今弾こうと思ってもまったく指が動かず、トレモロが団子状になってしまいます。
一番上手く弾けた時の音を録音しておくべきだったと後悔しています。
c0036317_1055169.jpg

アルハンブラの思い出が聴けるサイトは色々ありますが、↓なんかはいかがでしょうか?

Classical Guitar
MP3 MENU
sequenced by ELIXIR


Recuerdos de la Alhambra [1998 Prized] アルハンブラの想い出(力作)として
下から3番目にあります。
また禁じられた遊び(愛のロマンス)もその下にありますので併せて聴いてみて下さい。
[PR]
by yoas23 | 2007-07-24 17:54 | 歌は世に連られ・・・

ヒメコウホネ

最近どなたかのブログでコウホネが紹介されていたのを見て、ヒメコウホネが咲いたら報告しようと思っていました。
このヒメコウホネは特にこの地方では狭地性の植物で、東海地方では数ヶ所にしか無いものといわれています。
コウホネとの違いは全体に小型で、葉の形がコウホネのような長卵形ではなく、丸いことなどで区別できますが、
西日本に広く分布するヒメコウホネとされているグループは、中型でどちらかと言うと葉の形などがコウホネに似ており、分類も学者泣かせのようです。
これは水草ということで分布が不連続なため、独自の交配・進化から形態が孤立化したものと考えられています。
c0036317_1162097.jpg

c0036317_1163823.jpg

c0036317_116541.jpg

c0036317_117282.jpg

高山市松之木町にて
[PR]
by yoas23 | 2007-07-24 01:21 | 野山の花

虹がかかる

昨日の夕方、お出かけの帰りに峠道から見えた虹。
ほんの一部でしたが久し振りに見た気がしました。
今はまだ梅雨時なので、もっと頻繁に見られても良いのですが、
考えてみれば虹と言うのは雨だけではダメ、お日様も差さなければ見られません。
それにもちろんですが、家の中に閉じ篭っていては見えるものも見えませんね。
c0036317_853822.jpg

c0036317_855396.jpg

高山市丹生川町にて
[PR]
by yoas23 | 2007-07-23 08:56 | 日々の発見