<   2007年 11月 ( 44 )   > この月の画像一覧

新酒

飛騨の造り酒屋ではこの時期、新酒が出来ると軒下に吊るしてある杉玉が新しくなります。
つまり緑の濃い玉が下げられると、その年の”初絞りのお酒が出来たよ”と言う印なのです。
ワインの新酒のボジョレ・ヌーボーも終わりましたが、日本酒にはまた新酒を待ちわびる人も多いのですね。
c0036317_1922995.jpg

c0036317_19222083.jpg

飛騨市古川町にて
[PR]
by yoas23 | 2007-11-30 19:24 | 日々の発見

小柿(コガキ)

昔はあちこちにあった小柿も、最近では使われることも無くなったからでしょうか、あまり見かけなくなりました。
小柿はマメガキとも言って渋を取るのに使いましたが、霜が何度と無く降りた頃には強い甘味もあります。
しかしその時期を待てない子供時代は一粒噛んでみて、あまりにもの渋さに思わず吐き出したものです。
c0036317_618182.jpg

c0036317_6181444.jpg

[PR]
by yoas23 | 2007-11-29 06:18 | 日々の発見

連ドラ「さくら」の郷 (三嶋和ろーそく店)

ドラマではさくらの下宿先になっていた三嶋和ろーそく店は瀬戸川の近くにあり、散策コースに含められています。
和ろうそくの製造専門店ですが、最近は観光客の増加で何時も品薄状態とか?
一般によく使われるものではないので、お店は大歓迎のようです。
c0036317_5461299.jpg

↑下手から見た三嶋ろうそく店

c0036317_73467.jpg

↑ろうそく店にはひっきりなしに観光客が訪れています。

c0036317_5464627.jpg

↑店内の様子、福助が・・・

c0036317_5465669.jpg

↑店の奥からさくらが出て来そうです。
[PR]
by yoas23 | 2007-11-28 05:48 | 飛騨の国紹介

訓練?

昨日国道158号線を車で走っていたら自衛官の姿が見えました。
数十人が迷彩服を着て歩いていましたが、手にはしっかり銃が握られていて・・・
思わず「戦争」が頭を過ぎりました。
何時までも平和な日本でいてもらいたいですね。
c0036317_17844.jpg

c0036317_172051.jpg

[PR]
by yoas23 | 2007-11-27 01:08 | 日々の発見

連ドラ「さくら」の郷 (瀬戸川)

起し太鼓会館の広場の近くには瀬戸川が流れています。
掘割のように流れる川には大きな錦鯉が放たれ、造り酒屋の白壁土蔵や枝垂れ柳も独特の風景を醸し出しています。
一巡り30分程度、見て歩くのも良いですね。
c0036317_4565082.jpg

三寺参りの一つの円光寺の裏を流れる瀬戸川、向こうの山は安峰山

c0036317_5054100.jpg

↑瀬戸川に付いて・・・

c0036317_4571161.jpg

↑白壁土蔵と瀬戸川

c0036317_4572076.jpg

↑円光寺(右)と大銀杏(正面)

c0036317_4572997.jpg

↑清流を泳ぐ錦鯉

c0036317_4573933.jpg

↑枝垂れ柳と白壁土蔵
[PR]
by yoas23 | 2007-11-26 05:01 | 飛騨の国紹介

胸騒ぎの月影

昨晩は満月でしたね。
ちょっと身体が重かったので横になっていましたら、襖の隙間に月影が・・・
廊下の窓のカーテンを開けたままにしていたものですから、すっかり明かりが忍び込んでいました。
葉を落とした榎の梢越しに見えるまん丸の月は、唱歌や童謡のごとく昔に誘ってくれるようです。
c0036317_18564349.jpg

[PR]
by yoas23 | 2007-11-25 18:58 | 日々の発見

連ドラ「さくら」の郷 (起し太鼓)

NHKの朝の連続テレビ小説「さくら」でお馴染みとなった飛騨古川、高山市の隣りの飛騨市にあります。
ここは何と言っても「起し太鼓」という裸祭りが有名ですが、私はまだ一度も見たことが無いのです。
あまり近過ぎるというのも返って行き難いものですね。
何度かに分けてまた古川の紹介をしてみたいと思います。
c0036317_8304916.jpg

↑まつり会館の前の建物に人だかりがしています。近付いて見ると・・・

c0036317_831062.jpg

↑ガイドの方が起し太鼓に付いて説明されていました。

c0036317_8311034.jpg

↑上にあるのが大太鼓で、下のが付け太鼓です。

c0036317_12324184.jpg

起し太鼓について詳しくはこちらをご覧下さい。
[PR]
by yoas23 | 2007-11-25 08:37 | 飛騨の国紹介

ケンポナシ

さて、このケンポナシを知っておられる方はどれだけみえますかな?
と言うのも、飛騨では滅多に目にするものではないからです。
ナシと名が付いても梨の仲間ではなく棗(なつめ)と同じクロウメモドキ科の高木です。
秋遅くに小さな瘤が連結したような実を付けますが、これは噛むと甘味があり子供の頃は美味しいと感じたものでした。
この実にはアルコールを分解する成分があるようで、酔い覚ましにはもちろんお酒による口臭の除去にも効くとか。
また言い伝えによると、ケンポナシの大黒柱がある家のお酒はみな水になってしまうとか・・・ほんとかな?
c0036317_1185011.jpg

c0036317_119149.jpg

c0036317_1191346.jpg

飛騨市神岡町にて
[PR]
by yoas23 | 2007-11-24 01:21 | 日々の発見

今年も柿のある風景を・・・

昨年、この場所を載せたのは12月6日のこと。「柿のある風景」で記憶にある方もみえることと思います。
今年は異例に早くから度々雪に見舞われましたので、どんな様子か見て来ました。
な~に、大層に言うほどではなく家から車で数分の距離です。
里に雪は降っても直ぐに消えるため、真っ白な風景ではありませんが、それでも寒々としていますね。
ちょっと見難いですが、今年もまたこの柿は誰も採らないようです。
c0036317_10515883.jpg

[PR]
by yoas23 | 2007-11-23 10:37 | 飛騨高山 四季の旅

ベニチャワンタケ

キクラゲのようなきのこですが、一般には食べないようで、図鑑にも美味しいきのことは書いてありません。
食、毒不明なのでしょうね。
でもこの容姿からしてあまり食欲が湧かないのも事実です。
飛騨では秋遅くに薮の中などで見られます。
c0036317_091357.jpg

c0036317_093935.jpg

[PR]
by yoas23 | 2007-11-23 00:10 | きのこ