<   2008年 03月 ( 34 )   > この月の画像一覧

とうもろこし

イラストスケッチも最後の方になると何を描いたら・・・と迷います。
季節限定も今日までの予定ですが、描き貯めたものが後数枚ありますので、もう少しだけお付き合い下さい。
さて何の変哲も無いとうもろこしですが、絵に描こうと思ったら、先の穂の毛状がどのようになっていたか?
ちょっとあやふやでもありました。
スーパーでは毛の無いものが売られていますので案外見ているものの見ていないものだと思いました。
子供の頃母の田舎で、千切って皮を剥いたことが思い出されました。
c0036317_604485.jpg

[PR]
by yoas23 | 2008-03-31 06:10 | イラスト・スケッチ

シオデ

今回のものは一般的ではない山菜です。
このブログでは色々な山菜を紹介していますが、オオナルコユリやアマドコロ、
それにユキザサなどユリ科の新芽は、山のアスパラと呼ばれるくらいに味・食感とも良く似ています。
そしてこのシオデも同じように頂くことが出来ます。
シオデにはタチシオデと蔓になるものがありますが、これは蔓になる方で秋には葡萄のような黒い実が付きます。
単発的には見られるものの群生しているのは少なく、ある程度得ようとすればかなり山野を徘徊しなければなりません。
しかしそれほどまでしても是非に頂きたい味だと思います。
昨年は新潟の堀之内でたくさんあるのを見かけました。
c0036317_5512547.jpg

[PR]
by yoas23 | 2008-03-30 06:01 | イラスト・スケッチ

乗鞍からの雪融け水が・・・

勢い春の陽射しに照らされると雪融けも進みます。
標高の高い山から流れ出す川はこの時期になると息を吹き返したように流れ下って行きます。
春・・・魚たちも元気に泳いでいるだろうな~なんて思いながら眺めてみました。
真ん中の鉄塔と右下の写り込みが邪魔ですが・・・。
c0036317_6383054.jpg

[PR]
by yoas23 | 2008-03-29 06:39 | 日々の発見

そしてクグミ・・・

「くぐみ」と飛騨では言いますが、「くごみ」が全国的には通りが良いようですね。
ちなみに和名はクサソテツと言います。
雪が溶けた所から順に出て来るので、ふきのとうと並んで春一番の山菜ですね。
アクがまったく無いのでサッと茹でて和え物やサラダ感覚で・・・
青臭い瓜の香りがするのも春らしいものです。
間も無く本物が見られるようになると思いますが、撮れたら写真もアップしますね。
c0036317_213321.jpg

c0036317_2133145.jpg

[PR]
by yoas23 | 2008-03-28 21:37 | イラスト・スケッチ

個人的にはモミジガサ・・・

山菜と呼ばれるものはたくさんありますが、私個人的にはこのモミジガサが好きです。
あの独特な”濃厚なアク”と言っても上手く説明できませんが、
春菊とゴマを合わせたようなしつっこい味(表現は悪いですが・・・)がします。
お浸しに・・・和え物に向く癖のある味は食通向きかも知れません。
紹介した友人は尽く「美味しい」と言ってくれます。
社交辞令かも知れませんが・・・
c0036317_2051193.jpg

[PR]
by yoas23 | 2008-03-28 20:52 | イラスト・スケッチ

何時もの風景 (雪融けも進んで・・・)

寒い2月からやや暖かな3月を過ごし、ようやく少し春めいて来たような何時もの風景です。
豪雪を思わせるような雪の山もだいぶ小さくなりました。
朝の太陽もだんだん早くに顔を覗かせて、この調子だと後暫くで土手にタンポポも咲きそうです。
c0036317_2052065.jpg

[PR]
by yoas23 | 2008-03-28 20:06 | 何時もの風景

タマムシ

暖かな所の昆虫ですから飛騨では滅多に見ませんが、とても美しい甲虫です。
虹色に輝く前翅は有名な「玉虫の厨子」にも使ってありますね。
私は房総半島で蛭やマムシに怯えながらの山歩きの時いくつか飛んでいるのを見かけましたが、
遠目にでも輝きが美しかったこと今でも鮮明に蘇ります。
確か、こんな風に重々しく飛んでいたと・・・
c0036317_5192041.jpg

[PR]
by yoas23 | 2008-03-28 05:21 | イラスト・スケッチ

永遠の宿敵

諺に言う「犬猿の仲」は本当に悪いのかは分かりませんが、トビとカラスは確かに悪いようです。
時々追いかけられているのを見ますが、何時もトビの方が旗色が悪そうです。
トビの容姿は猛禽類のワシ・タカにそっくりで、強く見えるのですが、気の弱さがカラスには見透かされているようですね。
でも今回のトビは逆にカラスを執拗に追いかけていました、こんなこともあるんだ~
c0036317_58912.jpg

[PR]
by yoas23 | 2008-03-27 05:10 | 日々の発見

扁平と膨らみ

色鉛筆による細密画では薄く色を重ねることで質感を表現することが出来ます。
光の当たらない陰の部分は決して黒では無いのですから、その色の構成を見て色を塗ります。
よく観察すると思いもよらない色が混じっていることに気付くでしょう。
c0036317_3461047.jpg

[PR]
by yoas23 | 2008-03-26 03:50 | イラスト・スケッチ

モミジイチゴ

先月yassy127さんのところからお借りしたイチゴを描かせて頂きましたが、今回は山のものでモミジイチゴです。
いわゆるキイチゴというものですが、野生のものとしては甘い方です。
私は一度これでジャムを作ってみましたがまさに天然の味?でした。
今年もまた再チャレンジしてみたいと思っています。時期は6月・・・楽しみです。
c0036317_530613.jpg

[PR]
by yoas23 | 2008-03-25 05:31 | イラスト・スケッチ