<   2008年 06月 ( 33 )   > この月の画像一覧

キバナシャクナゲ

(乗鞍の高山植物)のカテゴリで2度目のキバナシャクナゲです。
乗鞍には他にハクサンシャクナゲもありますがこちらの方がより高い所に咲きます。
他の植物に先駆けて開花するため、雪が溶けるとこの時期真っ先に見られます。
他にはそろそろミネズオウやイワウメなどの花も見られるようになるのですが、
まだ一部だけの開花で、おまけに花弁が小さなため遠目では確認が難しいものです。
c0036317_2485964.jpg

c0036317_2491244.jpg

c0036317_2492916.jpg

[PR]
by yoas23 | 2008-06-30 02:54 | 乗鞍岳の高山植物

ウツギ (卯の花)

空木とは茎が中空という意味からの名前ですが、〇〇ウツギと呼ばれるものは多く、それも色々な科に及んでいます。
タニウツギやニシキウツギはスイカズラ科、ノリウツギやバイカウツギはアジサイ科、
他にはドクウツギ、コゴメウツギなどそれぞれに違った「他人の空似」のようなものがまだ他にもあります。
ウツギ(アジサイ科)はその中でも花弁が大きく純白で見事な花を咲かせてくれます。
「♪卯の花の匂う垣根にホトトギス・・・」と歌われたウノハナは垣根と言うところからバイカウツギを歌ったものでしょうか?
普通のウツギは垣根に植えられている所は見たことがありません。
谷川縁に多く自生している植物です。
c0036317_141632.jpg

c0036317_143075.jpg

c0036317_144568.jpg

高山市江名子町にて
[PR]
by yoas23 | 2008-06-29 01:07 | 野山の花

残雪の乗鞍岳

6月24日ミネザクラの写真が撮りたくて出かけた位ヶ原でしたが、天気が良かったので山頂まで登ることにしました。
まだまだ残雪が多く夏山のような訳には行きませんが、何とか無事に行って来ることが出来ました。
シャトルバスは乗鞍高原からは6月中は一日に3往復ですが、主にサマースキー用に運行されています。
この日は天候は良かったのですがウイークデーと言うこともあり数人が楽しんでいただけでしたが・・・
乗鞍が賑わうのはもう少し先、梅雨明けからでしょうか、今はまだ静かな乗鞍を楽しむことが出来ます。
c0036317_219422.jpg

↑ ダケカンバの芽吹き、新緑と残雪のコントラストが美しい風景です。

c0036317_2195768.jpg

↑ 道路端にはまだこんなに雪の壁がある所も・・・(遠くは穂高連峰)

c0036317_220829.jpg

↑ 肩の小屋口にある大雪渓、通称「万年雪」と呼ばれる所です。

c0036317_2201961.jpg

↑ 大雪渓越しに見る剣ヶ峰方向

c0036317_220298.jpg

↑ 肩の小屋より山頂への登山道、まだまだ山頂は遠い・・・

c0036317_2203855.jpg

↑ ようやく無事に雪渓を越えることが出来ました (眼下にコロナ観測所が見えます)

c0036317_220463.jpg

↑ 蚕玉岳の稜線付近から見下ろす権現池

c0036317_2261945.jpg

↑ この鳥居をくぐればいよいよ山頂ですが、 以下次回に紹介します。
[PR]
by yoas23 | 2008-06-28 02:34 | 山歩き

飛騨高山ぶらり散策 4

下二之町を北上して江名子川まで来ました。
この河川はそんなに大きくは無いのですが、洪水時に備えて川床が深く護岸工事がされています。
最近では滅多に見られない七夕の川床飾りが、昔は盛んな所で毎年楽しみに訪れたものでした。
c0036317_1457250.jpg

↑ 布引橋からみた日下部民芸館

c0036317_14572647.jpg

↑ 赤い欄干は桜橋

c0036317_14574367.jpg

↑ 上三之町には軒下にあった秋葉神社ですが、普通はこのように祀ってあります。

c0036317_1458410.jpg

↑ この辺りが七夕の川床飾りが行われたところです。

c0036317_14581661.jpg

↑ 川の左岸にある映芳寺境内にある朴の木ですが、刈られていると一見何の木か判らないものですね。
[PR]
by yoas23 | 2008-06-27 15:05 | 飛騨高山 四季の旅

困った侵入者? ブルーギル

日本の湖沼に繁殖している外来種のブラックバスは有名ですが、このブルーギルもその代表格とか・・・
先日散歩中の池で釣りをしている人がいて釣り上げたところを見せてもらいました。
一見、ピラニアのような体高のある魚だったので、思わず「これは引きが良さそうですね」と言ったところ、
「いや~あまり引きは良く無いです・・・」との答え、まだ山女やアマゴの方が強いとか・・・
岩魚釣りしか力を入れない私にはイマイチ想像できない感触ですが・・・
ブルーギルに関してはこちらに詳しく出ていますのでお時間があれば参考になさって下さい。
c0036317_45453.jpg

↑ ブラックバス(上2匹)と一緒に泳ぐブルーギル

c0036317_46319.jpg

↑ 釣り上げられた20cmほどのブルーギル
[PR]
by yoas23 | 2008-06-26 03:15 | 日々の発見

桜めぐり (乗鞍の桜)

「梅雨の最中に桜だなんていい加減にしろ!」と言われそうですが、桜めぐりもそろそろ終わりです。
今回は標高2,300m、乗鞍の長野県側のミネザクラを観て来ました。
この辺りはまだ残雪がたくさんあり緑が山を駆け上がっています。
雪融けラインの付近には見頃の桜がたくさんありましたが、残雪の山ををバックにしてのアングルはなかなか難しいものです。
c0036317_427173.jpg

c0036317_4272949.jpg

c0036317_439292.jpg

c0036317_439173.jpg


松本市位ヶ原にて
[PR]
by yoas23 | 2008-06-25 04:31 | 野山の花

ハナイカダの実

葉の主脈から花が咲き、そして実が生るような木は他には見当たらないと思います。
それほど珍しい習性?なのですが、その理由はどうしてでしょうね。
飛騨でもちょっと湿っぽい谷川縁りではよく目にします。
ハナイカダの花は葉の真ん中に咲いていることが多いのですが、始め蕾は先端に付きます。
葉が成長するに従って咲く時は真ん中になるのです。
今回は実の方の紹介ですが、今は緑の実も熟すと色が黒く変わってきます。
c0036317_5493835.jpg

c0036317_5495112.jpg

高山市江名子町にて
[PR]
by yoas23 | 2008-06-24 05:57 | 日々の発見

羽化間も無いオオムラサキ

今年も家の裏庭のエノキにはオオムラサキが住んでいます。
昨夜はちょうど羽化しているのを見ることが出来ました。
あまりにも蒸し暑かったので雨上がりに少し風を入れようと窓を開けたら翅を伸ばして止まってるところでした。
羽化の時はあまり翅を開かないので分かり難いですが、ちゃんと名前の紫色も確認できました。
この色があると雄なのです。
c0036317_22102422.jpg

c0036317_2211135.jpg

c0036317_22111448.jpg

翅の紫色がもっと見たい方はこちらをご覧下さい、以前に紹介しております。
[PR]
by yoas23 | 2008-06-23 22:23 |

飛騨高山ぶらり散策 3

今日は観光客で賑わう三之町から離れて下二之町を歩いてみます。
この通りは饅頭などの和菓子屋、味噌屋、昔からの文具店、骨董の店などがありますが、
土産物屋はほとんど見かけません。
それだけ観光客があまり通らないことを物語っているようです。
c0036317_27582.jpg

↑ 大きな甕がある骨董品のお店です

c0036317_28811.jpg

↑ 中には色々な品物が並んでいて見るだけでも楽しいですね。

c0036317_281812.jpg

↑ 側溝の流れと紫陽花
 
c0036317_283080.jpg

↑ 町中の家具屋だからでしょうか?レトロな家具を並べてありました。

c0036317_284143.jpg

↑ 一位一刀彫の彫刻所ですが市内にはいくつかこのような実演販売のお店があります。

c0036317_285031.jpg

↑ 昔からある味噌屋で、麹味噌や田舎味噌などが並んでいます。ほうば味噌には欠かせませんね。
[PR]
by yoas23 | 2008-06-23 02:19 | 飛騨高山 四季の旅

モミジイチゴのジャム

先日から秘密の場所のモミジイチゴが気になっていましたが、昨日ようやく様子を見に行くことが出来ました。
時期はピッタリ!、たわわに実った枝があちこちにあり、結局ボールに一杯ほどの収穫でした。
ただでも蒸し暑い一日でしたが、煮詰めること2時間近く・・・ようやく美味しいジャムが出来上がりました。
c0036317_1593936.jpg

c0036317_1595056.jpg

c0036317_20381.jpg

↑ イチゴの実はきれいに洗ってザルに取ります。

c0036317_2015100.jpg

↑ 加えたものは砂糖(今回は色を良くしたかったので上白糖を・・・)と酸味を加えるためにりんごジュースを少量、それにヤマブドウ酒を少々・・・

c0036317_202782.jpg

↑ 直径12センチほどの容器に1杯と半分ほど出来ました。
[PR]
by yoas23 | 2008-06-22 02:07 | 食いしん坊