<   2008年 07月 ( 43 )   > この月の画像一覧

山岳遭難者救助

昨日は新穂高でヘリによる遭難者救助の現場に出くわせました。
北アルプスの山間にヘリコプターの音が聞こえ、見上げると県警のらいちょう号です。
民間の山小屋への荷揚げ用のヘリとは違うので、脳裏に「事故」が・・・
思った通り鍋平ヘリポートに降り立ちました、聞いてみると西穂高岳で滑落した人を救助に行くとか・・・
しかし朝はあれほど晴れ渡っていた山に午後はガスが掛かってしまい、
出動の機会を待っているようで緊張の時が流れます。
到着から1時間ほど経った頃だったでしょうか、
山から無線が入り何とか視界が開けているとのことで救助に飛び立ちました。
幸い命に別状は無いとの事、自分も山には身近な人間、お世話にならぬようにしなければ・・・
c0036317_5514213.jpg

↑ 昨日の朝は絶好の登山日和の良い天気、一番高く見えるのが西穂高岳です。

c0036317_5515243.jpg

↑ 厳しい錫状岳の岩壁の間を飛ぶ県警のヘリ

c0036317_55227.jpg

c0036317_5521036.jpg

↑ 鍋平ヘリポートに到着です。

c0036317_5522067.jpg

↑ 救助活動を終え帰って行くヘリコプター
[PR]
by yoas23 | 2008-07-31 05:58 | 日々の発見

ヨツバシオガマ

葉や花の勢いからすればシソ科かな?と思われるような花ですが、ゴマノハグサ科の植物です。
この仲間もいくつかの種類があって、乗鞍には他にクチバシシオガマというのもありますが、
どちらも本当に良く似ていて区別が難しいです。
稀に白花を観察することが出来、乗鞍の場合数ヶ所を確認しております。今回も最後の画像に載せました。
c0036317_21181286.jpg

c0036317_2118269.jpg

c0036317_21183889.jpg

c0036317_21185074.jpg

c0036317_2119184.jpg

c0036317_21191287.jpg

[PR]
by yoas23 | 2008-07-30 21:20 | 乗鞍岳の高山植物

乗鞍岳の夜

何時もなら山頂に登った後は下山するのみですが、この日は小屋番のご好意によって夜の山を楽しむことが出来ました。
乗鞍は日中、バスなどで訪れる人が多いため大半は最終のバス迄に下山され、残るのは山小屋泊まりの人だけとなります。
それも夕食時には山頂付近にはほとんど人影が無くなります。
いよいよ乗鞍山頂独り占めの時がやって参りました。
c0036317_423234.jpg

↑ 蚕玉岳から眺める剣ヶ峰も夕日に染まっています。

c0036317_424439.jpg

↑ 西は高山盆地のはるか彼方に太陽が沈んで行きます。

c0036317_425480.jpg

↑ サンセットの良いアングルを求めて朝日岳付近まで歩きました、右が朝日岳です。

c0036317_43750.jpg

↑ 日が落ちると妙に空の青さが美しく感じられます、大日岳や薬師岳の上には夕焼けの雲も・・・

c0036317_43199.jpg

↑ とっぷり日が暮れました。灯りが見えるのはコロナ観測所です。

c0036317_433262.jpg

↑ そして月が昇って・・・剣ヶ峰の上にはいて座と木星が輝いています。

c0036317_434154.jpg

↑ 大日岳の上にさそり座が見えます。月明かりが無ければもっと降るような星が見られるでしょう。 
[PR]
by yoas23 | 2008-07-29 04:18 | 山歩き

イワツメクサ

一見してブライダルベールのような小さな可愛い花・・・
ミミナグサに似て高山の砂礫地に点々と見られます。
ミミナグサとの違いは葉の形、花の形で区別できますが、乗鞍ではほとんどがイワツメクサと思って良いほどあちこちにあります。
名前は爪のような葉の形から来ているようです。
c0036317_1920135.jpg

c0036317_19201565.jpg

c0036317_19203062.jpg

c0036317_19204487.jpg

c0036317_19205632.jpg

[PR]
by yoas23 | 2008-07-28 19:21 | 乗鞍岳の高山植物

ミヤマクロユリ

北海道の低地には背の高いクロユリがありますが、これは本州の高山帯のクロユリですから草丈は低く15cm~20cmほどです。
雪田になるような草原に多く咲きますが、他の植物の陰になってしまうこともあり、蕾だとうっかり知らずに通り過ぎてしまいます。
花は俯き加減に咲き、ユリの花独特の良い香りが・・・と屈んで嗅いでみても期待に反して嫌な匂い・・・
でもそれで惹き付けられる虫もいるのでしょうね。
c0036317_0491878.jpg

c0036317_0493135.jpg

c0036317_0494321.jpg

c0036317_0495419.jpg

畳平のお花畑にて
[PR]
by yoas23 | 2008-07-28 00:51 | 乗鞍岳の高山植物

不明菌

私は10冊ほどのきのこの図鑑を持っていてそれで調べたりしているのですが、昨日出遭ったのはどれにも載っていない様なきのこでした。
表を見たらマツオウジ・・・とばかり思ったのですが、裏は襞ではなく網状になっていました。
特徴からはハチノスタケに似ていますがかなりの肉厚でイグチのようです。
そう言えば過去に一度だけ見たことがあり記憶に残っています。
とりあえず不明菌で載せましたが、幸いこのブログには詳しい方が訪問して下さるので、きっと同定して頂けるものと・・・他力本願を決め込みました(笑)
c0036317_152075.jpg

c0036317_193927.jpg

c0036317_154352.jpg

高山市上宝町にて
[PR]
by yoas23 | 2008-07-27 23:51 | きのこ

夕立の後

今日の午後は突風を伴った夕立がやって来ました。そして雨風が止んで少し肌寒い気温に・・・
夕焼けが美しく輝いていました。また明日も暑くなるのでしょうね。
c0036317_19172778.jpg

c0036317_19174193.jpg

今回の画像はビッグサイズです、クリックすると大画面に・・・
[PR]
by yoas23 | 2008-07-27 19:18 | 日々の発見

コミスジ

ミスジチョウの仲間は良く似たものが本土に5種、沖縄に1種いますが、
それぞれ幼虫の時に食べる植物が違い、また地域でも棲み分けをしています。
その中でこのコミスジは一番ポピュラーな蝶と言えます。
ミスジチョウの見分けは前翅の前縁に沿った白線の形で区別しますが、コミスジは直線が一箇所切れています。
他の種についてはまたご紹介する機会があると思いますのでその時に触れますが、
3本ある白線はそれぞれに特徴があります。
c0036317_7502228.jpg

c0036317_75031100.jpg

c0036317_7504167.jpg

高山市丹生川町にて
[PR]
by yoas23 | 2008-07-27 07:52 |

イワヒゲ

高山の岩山の一番厳しい環境に咲く花ですが、そのためなかなか見られないのも事実です。
大きな岩盤の割れ目に根を下ろし清楚なスズラン型の小さな花を付けますが、
ほんとに小さいため見落としてしまいそうです。
畳平周辺では畳岩に少しだけ、後は剣ヶ峰周辺などで見かけます。
髭のような葉・・・誰の髭でしょうね。
c0036317_7341261.jpg

c0036317_7342975.jpg

[PR]
by yoas23 | 2008-07-27 07:36 | 乗鞍岳の高山植物

ウサギギク

葉の形がウサギの耳のようだからウサギギク、覚えやすい名前ですね。
植物の名前を覚えようとすると、意味の分からないような長い言葉があってなかなか覚えられないものですが、
特徴が「なるほど・・・」と思える名前は案外簡単に脳に入って行きます。
小さな植物が多い高山ですが、ウサギギクは大きな方で遠くからでも良く見えます。
c0036317_7255934.jpg

c0036317_7263574.jpg

c0036317_7264627.jpg

[PR]
by yoas23 | 2008-07-27 07:27 | 乗鞍岳の高山植物