<   2009年 11月 ( 33 )   > この月の画像一覧

乗鞍夕景

昨年の2月に乗鞍の夜景を載せたことがありますが、何故か冬になると撮りたくなる風景です。
夕暮れのひと時、田んぼ道の遥か向こうに雪を頂いた乗鞍がぼんやりと見えましたので、
白一色の世界になる前にと思いカメラを向けました。
c0036317_037359.jpg

c0036317_0371592.jpg

おや!あんな所から月が昇って来ました・・・
[PR]
by yoas23 | 2009-11-30 00:44 | 日々の発見

多目的ダム

新政権になってから無駄な公共事業を無くすということで最近は良く取り上げられているダム工事、
飛騨でももうすぐ完成のダムがあります。
県の工事で既に9割以上が完成しているので中止にはならないようですが、これで中止となったら廃墟か遺跡になってしまいますね。
c0036317_157359.jpg

c0036317_1575576.jpg

c0036317_158545.jpg

この見える範囲が水没します。 (写真は10月に撮ったものです)
高山市丹生川町
[PR]
by yoas23 | 2009-11-29 15:10 | その他

この時期の桜

立ち寄ったコンビニの裏に桜がありました。
あまりたくさん花を付けてはいませんでしたが、この時期の桜は何と無く貴重な気がします。
以前にソメイヨシノの狂い咲きを紹介しましたが、この花はそれではないようで四季桜か十月桜と思われます。
c0036317_6513475.jpg

c0036317_6514662.jpg

石川県輪島市にて
[PR]
by yoas23 | 2009-11-28 06:52 | 日々の発見

ツルウメモドキ

前回のヤドリギ同様、葉を落とした林ではこのツルウメモドキもよく目に付きます。
高い梢に巻き付いた蔓にオレンジと赤の混じった小さな実を付けていますが、クリスマスのリースに使うために持ち帰る人もいるようです。
この蔓は他のフジやエビヅルなどと違った特徴があるのですが、そのことはあまり知られていないようなので少し触れたいと思います。
多くの蔓は根元近くから他の木に巻き付いて上りますが、ツルウメモドキは数メートルは自力で伸びて、その後近くの木の枝に巻き付きます。
そのため木を幹を螺旋状に締め付けることがなく、何となく優しい感じがするものです。
そんなこと知ってか知らずかは人間の知るところでは無いと思いますが・・・
c0036317_1453281.jpg

c0036317_1454211.jpg

c0036317_1455237.jpg

c0036317_14613.jpg

[PR]
by yoas23 | 2009-11-27 01:49 | 日々の発見

雪なめこ

いよいよ今年最後のきのこ狩りとなってしまいました。
きのこといえば秋を連想し勝ちですが年中出るものです。
これから冬場には今回のなめこを始めエノキタケや平地では香りの良いヒラタケも出て来ます。
しかし雪が積もる飛騨ではそろそろお仕舞い、これ以上積もるともう出ることもありません。
こんな雪の中にあると凍ってしまって食べられないのでは?と思われるかも知れませんが、
溶けても普通に食すことが出来ます。
これによって学んだことは、なめこは生のまま冷凍が利くと言うことです。
c0036317_341593.jpg

c0036317_342495.jpg

c0036317_343333.jpg

c0036317_344284.jpg

c0036317_344960.jpg

c0036317_34588.jpg

c0036317_351623.jpg

[PR]
by yoas23 | 2009-11-26 03:07 | きのこ

冬の宿木

ヒレンジャクやキレンジャクなどが運ぶ種で増える宿木もまた葉を落とした林ではよく見付かります。
しかしどれも高くて被写体としては遠く、なかなか良い写真が撮れません。
時折種が生っているのを見付けると写したくなりますが、後で見ると種がハッキリしなくて・・・
今回は何とかそれと判るでしょうか?
c0036317_610122.jpg

c0036317_6102270.jpg

c0036317_6103299.jpg

この宿木は飛騨の山にはたくさんあるのですが、ヒレンジャクを私は一度も見たことがありません。
[PR]
by yoas23 | 2009-11-25 06:12 | 山歩き

荒々しい仕業・・・(熊棚)

そろそろ熊も冬眠の頃となりましたが、暖かな日などまどまだ山腹をうろついている姿が見られると聞きます。
今年は一部を除いて山の木の実などが不作だったのでまだお腹を空かせた熊もいることでしょう。
熊が登ってドングリを食べた跡の見られる木がありました。
ミズナラの木ですが、こんな大木の太枝を簡単に折ってしまう力は想像以上ですね。
c0036317_6164586.jpg

c0036317_6165535.jpg

高山市高根町にて
[PR]
by yoas23 | 2009-11-24 06:18 | 山歩き

2000記事

先日四季彩日記の総記事数が2000件を超えました。
本格的に毎日更新を目指したのが2005年ですが、4年強での達成です。
本ブログは写真を多く取り入れていますので現在迄で許容量の2/3を費やしています。
残り1000記事ほどで満杯となりますが、それまでなるべく毎日更新を心がけたいと思います。
ご訪問してコメントを頂きながら皆さんの所へお邪魔しても読み逃げが多く失礼を重ねていますが、
今後ともどうぞよろしくお願い致します。
[PR]
by yoas23 | 2009-11-23 21:19 | 想うこと

岩茸(イワタケ)を採る

夏に飛騨の山奥で、崖に登っている人を発見!
登山のロッククライミングの練習?と思いましたが様子が違います。
しばらく見ていて判りましたが、イワタケを採っているところでした。
c0036317_1143331.jpg

c0036317_1144334.jpg

イワタケはその名の通りこのような険しい岩場にしか無いため貴重な食材です。
昔から仙人の食べ物と言われるだけのことはありますね。

そこで・・・私も採って来ました。
c0036317_1162785.jpg

c0036317_1164041.jpg

c0036317_1165059.jpg

c0036317_1165948.jpg

c0036317_117864.jpg

これは収穫の一部ですが、大きなものではこの大きさになるのに数十年以上かかると言われています。
何時ものようにゆっくりレシピを考えましょう。
[PR]
by yoas23 | 2009-11-22 01:18 | 食いしん坊

ウバユリの種

雪が降る前の山を歩いていると「これは何だ?」と思うような物に出会います。
実はこれ、ウバユリの種なのです。
花の時期なら「ウバユリ」と直ぐに名前が浮かぶのに全く違ったものに見えます。
子供の頃はこれを揺すって種を飛ばして遊びました、最後の写真のように・・・
c0036317_5511213.jpg

c0036317_5512238.jpg

c0036317_551318.jpg

c0036317_5514138.jpg

余談ですが、この鞘にはたくさんの種が入っています。
それを一度に飛ばさないようにだと思いますが、隙間に糸のようなものが見られます。
徐々に切れて、少しずつ飛ばす知恵があるようですね。
よく観察すれば自然の仕組みも判り面白いと思いました。
[PR]
by yoas23 | 2009-11-21 05:54 | 野山の花