<   2009年 12月 ( 32 )   > この月の画像一覧

何時もの風景 (どうぞ良いお年をお迎え下さい)

今年一年四季彩日記に足を運んでいただき有り難うございました。
今年は長期の旅行も無かったので休まず毎日更新することが出来ました。
また来年も同じような題材になるかと思いますが、スペースのある限り続けたいと思いますのでよろしくお願い致します。
どうぞ皆様良いお年をお迎え下さい。
今年最後の記事は「何時もの風景」最近のものです。
c0036317_6274453.jpg

c0036317_627196.jpg

[PR]
by yoas23 | 2009-12-31 06:28 | 何時もの風景

初冬の飛騨の里 11 最終回

「初冬の飛騨の里」に長いお付き合いを頂きましたがこれで最終回です。
今回は今まで紹介した事が無かったパンフレットの冬ゾーンにある工芸集落をご案内しましょう。
5軒の旧民家でそれぞれ飛騨の工芸を実演していますが、訪れたのが冬場の平日と言うこともあり、
見られたのは一位一刀彫だけでした。
夏なら他に染物や機織などが見学出来るそうです。
c0036317_203146.jpg

↑ 工芸集落村への入り口

c0036317_2031054.jpg

↑ 正面にある小林家では伝統工芸の一位一刀彫の実演が見られます。

c0036317_203192.jpg

↑ ショーケースには作品が飾られていました。

c0036317_203281.jpg

↑ この仕事は私も本職なのですが細かな手作業です。

c0036317_2033658.jpg

↑ お隣の直井家では飛騨塗りの工芸が見られます。

c0036317_2034554.jpg

↑ この日は残念ながらお休みのようでした。

c0036317_2035520.jpg

↑ そして苅安家は染物です。

c0036317_204459.jpg

↑ こちらはちょうど食事時で作業はされていませんでした。

次回は雪が積もった飛騨ならではの「真冬の飛騨の里」をお送りしましょう。
[PR]
by yoas23 | 2009-12-30 20:15 | 飛騨高山 四季の旅

平湯 宝ラーメン

お目でたい名前でいかにも宝くじにでも当たりそうです。
平湯温泉にある中華そば専門のお店のラーメンで、淡白な高山の中華に飽きた人には良いかも知れません。
見た目は似ていますが、こってりした脂のコクを感じさせます。
(黒いのはキクラゲです)
c0036317_200722.jpg

[PR]
by yoas23 | 2009-12-29 20:00 | 食いしん坊

初冬の飛騨の里 10

初冬の飛騨の里シリーズも後2回となりました。
年内に済ませたいので急いでアップしたいと思います。
今日は西岡家を中心に紹介します。
西岡家は最初の回で池の向こうに見える大きな合掌造りで里を代表する家です。
c0036317_6165789.jpg

↑ 飛騨の里の旧家の内部は皆同じようです。

c0036317_6171260.jpg

↑ 二階は養蚕用に造られています。

c0036317_6172068.jpg

↑ 二階から下の囲炉裏を覗いてみました、このように天井はすのこになっているのですね。

c0036317_6172847.jpg

↑ 窓から外を覗いて見ましょう。

c0036317_6173779.jpg

↑ 車田と富田家が見られます。

c0036317_6174663.jpg

↑ 西岡家からハサ小屋方面を・・・

c0036317_6175734.jpg

↑ 東側(田中家)より見た西岡家とハサ小屋です。
[PR]
by yoas23 | 2009-12-29 06:25 | 飛騨高山 四季の旅

鮎 (塩焼き)

今度は鮎を焼いてしまいました。
一般に焼き枯らしという焼き方は火力の強い炭火でじっくり炙ることで水分が抜けて香ばしくなります。
今年は夏のイベントで200匹ほど焼きましたが、
串に刺した鮎を円形に並べ上から新聞紙を覆うことで中まで良く火が通り美味しく焼けました。
c0036317_427296.jpg

[PR]
by yoas23 | 2009-12-28 04:28 | イラスト・スケッチ

初冬の飛騨の里 9

何時もそうなのですが、このシリーズを始めると回が嵩んで長くなってしまいますので、
お付き合いに飽きられた方もみえるかも知れませんが、あと少しのご辛抱をお願いします。
今日は富田家から西岡家、そしてその間にある車田周辺です。
c0036317_662834.jpg

↑ 富田家の壁には荷車の車輪がオブジェのように飾ってあります。

c0036317_664032.jpg

↑ 円を描く様に植えられる車田、向こうは八月一日家です。

c0036317_665029.jpg

↑ ここにも柿が・・・

c0036317_665961.jpg

↑ 大きな合掌造りの西岡家です。

c0036317_67916.jpg

↑ 今度は車田の背景は富田家と吉真家方面を・・・

c0036317_671951.jpg

↑ 赤い南天が色を添えていました。

c0036317_672995.jpg

↑ 西岡家前から冨田家の方角です。
[PR]
by yoas23 | 2009-12-27 06:17 | 飛騨高山 四季の旅

いま時の柿の実

今年は柿が不作とのことであまりたわわに実ったのを見ることも無かったのですが、
先日仕事で市内を走っていたら青空にたくさんの柿が映えていました。
甘いのか、渋いのか判りませんが、熟した柿は美味しそうに見えます。
酒飲みに柿は良いそうで、宴会続きの今頃は食べると良い人もたくさん居られるのでは?
c0036317_4581127.jpg

c0036317_459046.jpg

[PR]
by yoas23 | 2009-12-26 04:59 | 日々の発見

城山公園「むさし」のおでん

先日中華そばを紹介しました城山の茶店「むさし」の今度はおでんです。
うす味の関東炊きですが、甘い味噌が付けてあるところがミソです(笑)
こんにゃく2枚、ちくわ、大根、それにゆで卵の4品でこれだけでも案外お腹にたまります。
この店には他に名物の焼き鳥もありそれぞれにファンも多く、散歩の後に軽食をと立ち寄る人も結構見かけます。
c0036317_0525460.jpg

[PR]
by yoas23 | 2009-12-25 00:59 | 食いしん坊

初冬の飛騨の里 8

この飛騨の里のシリーズも既に8回目となりました。
一度訪れるとたくさんの写真を撮りますので、あれもこれも紹介したい・・・と言うことになってしまいます。
今日は案内図の道上、吉真、富田家周辺をお伝えしたいと思います。
c0036317_1382012.jpg

↑ 前回と同じようなアングルですが柿の木と西岡家、今度は少し下方から撮りました。

c0036317_1382949.jpg

↑ 同じ場所からの富田家、この家は荷車の車輪が飾ってあるのですぐに分かります。 

c0036317_1383980.jpg

↑ 道端にはリュウノヒゲの青い実が見られました。

c0036317_1384754.jpg

↑ 吉真家は最近屋根の葺き替えが終わりましたのでまだ新しいです。

c0036317_1385514.jpg

↑ 道上家から吉真家を・・・

c0036317_139427.jpg

↑ こちらは初めて紹介する場所で押上家の土蔵とある所、板壁を張り巡らしてありますが・・・

c0036317_1392261.jpg

↑ そして今回の最後は富田家から八月一日家方面を見た写真です。
[PR]
by yoas23 | 2009-12-24 01:51 | 飛騨高山 四季の旅

チンゲンサイ

昔は無かったような気がするこの野菜ですが、炒め物などにするとシャキシャキの食感がとても美味しいですね。
特に豚肉との相性が良くて、塩コショウだけで美味しく頂けます。
山菜の頃によくウルイ(ギボウシ)の引き合いに出しますが、微かな苦味を除けばそっくりです。
c0036317_2444655.jpg

[PR]
by yoas23 | 2009-12-23 02:45 | イラスト・スケッチ