<   2010年 01月 ( 32 )   > この月の画像一覧

トリ貝のにぎり寿司

寿司ネタの中でイマイチ良く分からない一つがトリ貝ですが、貝?と思いながら食べています。
一般に貝を食べると言うとホタテやアワビのように貝柱の部分を頂くのが思い浮かびますが、
ホッキ貝やミル貝などのように足の部分を食すのも結構あります。
このトリ貝もその一つですね。
私はあまり食べませんが独特の食感に少し甘味のある味は貝好きにはたまらない一品かも知れません。
c0036317_530066.jpg

[PR]
by yoas23 | 2010-01-31 05:31 | イラスト・スケッチ

夕映えの雪山

こうも毎日が寒いと温泉が一番!ということで仕事帰りは温泉です。
その途中に夕日に染まった山が見えました。
モノクロの飛騨の冬の風景で色があるのがこの瞬間、目を見張る美しさですがこんな眺めも束の間のこと、
直ぐに闇に閉ざされてしまいます。
輝き忘れたことを最後の一瞬に・・・そんな気さえしてきます。
c0036317_5463821.jpg

c0036317_5471333.jpg

[PR]
by yoas23 | 2010-01-30 05:51 | 日々の発見

キツリフネ

ツリフネソウは形が面白く私など山歩きの際には楽しみにする花で、
登山道脇に見付けると近寄って花に触れたりしますが、かすかに揺れる様は可憐そのものです。
今年はツリフネソウと2種類描きましたが、先ずはキツリフネの方を・・・
c0036317_619205.jpg

[PR]
by yoas23 | 2010-01-29 06:21 | イラスト・スケッチ

氷点下14℃の朝

大寒から立春の間によくその年の最低気温を記録しますが、飛騨では二桁以下に下がる日も度々あります。
昨日の朝は低温で有名な高山市荘川町六厩では-20.8℃だったようです。
地形的に気温が下がりやすい場所のようですが、市内の他の場所でも14℃程度に下がった所はいくらでもあったようです。
そんな日に限って日中は天気が良いもので昨日の青空は眩しいほど、春も近そうな気配がしました。
しかし週末からまた雪の予報・・・まだまだですね。
c0036317_311756.jpg

[PR]
by yoas23 | 2010-01-28 02:05 | 日々の発見

モアイ像 (イースター島)

日本から行こうとすれば飛行機を使っても1日半もかかるというチリ領のイースター島にあるモアイ像も世界遺産に登録されています。
島全体には約1,000体以上もあると言われていますが、
高さ数メートルもあるような巨岩の像の頭の部分をどうやって乗せたのか?疑問が残っています。
また石切り場から現地までどのようにして運んだものかも考えれば考えるほどに謎は深まりますね。
c0036317_623725.jpg

[PR]
by yoas23 | 2010-01-27 06:23 | イラスト・スケッチ

乗鞍に掛かった雲

定点観察の「何時もの風景」の少し手前ですが、同じ乗鞍を望む場所があります。
ちょうど向こう側の朝日が昇ろうとしていた時、面白い形の雲が山頂に見えました。
氷点下7℃の朝、いかにもこの時期らしい雲でした。
c0036317_6322198.jpg

c0036317_6391285.jpg

[PR]
by yoas23 | 2010-01-26 06:33 | 日々の発見

にたくもじ

にたくもじとは飛騨の惣菜で「煮た」と「くもじ」の二つの語句を合わせた言葉です。
くもじとは室町時代以降の宮仕えの女官たちの間で呼ばれた言葉で、野沢菜や白菜、かぶら菜などの「茎漬け」のことを言います。
蕪の部分は柔らかい漬物になりますが、茎は硬いのでそれを長時間煮て柔らかくして食べます。
少し時機を逸した古い漬物を切り流水に晒して塩気を抜いてから炒め、水を足せながら醤油、砂糖、みりんなどで味を付け最後に一味を振ります。
飛騨では主に蕪の茎を使いますが、もちろん野沢菜付けでも美味しく仕上がります。
c0036317_6272887.jpg

[PR]
by yoas23 | 2010-01-25 06:32 | 食いしん坊

焼きするめ

今では七輪など使うことも無くなりましたが、昔はよくその上でするめを焼いたものでした。
火が通るほどにのた打ち回る様子が面白くてしょっちゅう裏返し眺めていました。
まだ熱々を細かく裂いて噛んでいるとジワーっとするめの味が口一杯に広がります。
七論はおろか炭火自体を使わなくなった今ではするめも食す機会が無くなりましたね。
c0036317_3262489.jpg

[PR]
by yoas23 | 2010-01-24 03:27 | イラスト・スケッチ

管粥神事

管粥神事とは高山市丹生川町の伊太祁曾神社(いたきそじんじゃ)で毎年執り行われている神事で、
米や小豆、稗などを入れた大釜で炊かれた粥に6センチ程に切った麻の茎を入れ、
その中に入った粥の詰まり具合でその年の吉凶を占う行事です。
1月14日に行われました結果、今年は大豆、ジャガイモ、レタスは豊作で地震はないが、
台風は10月ごろに上陸の恐れがあり、景気はあまり良くないが、商業は上向きになる―という結果だったそうです。
c0036317_6273394.jpg

c0036317_6274391.jpg

[PR]
by yoas23 | 2010-01-23 06:29 | 飛騨の国紹介

野菜

旬は夏の方が多いと思われる野菜たちですが、冬でもスーパーには一通り揃っていますね。
お蔭で健康維持のためのビタミン類の摂取も容易です。
夏に瑞々しいサラダを頂くのは勿論ですが、冬場に煮込んだ根菜類もまた深い味わいがあります。
なかなか料理の主役になれない野菜・・・集めてみました。
c0036317_6205445.jpg

[PR]
by yoas23 | 2010-01-22 06:21 | イラスト・スケッチ