<   2010年 06月 ( 37 )   > この月の画像一覧

生姜煮

先日山菜採りの昼食の時に木曽の友人より新生姜を甘辛に炊いたのを頂きました。
甘酢に漬けるのは私も作りますがこれは初めてです。
とても美味しかったのでレシピを聞いて早速作ってみました。
c0036317_23393539.jpg

用意するもの
新生姜     1㎏
砂糖(三温糖) 500~700g
日本酒     1合
醤油       1合
味醂    ぐい飲みに1杯ほど 
鰹節     一掴み半

c0036317_2342530.jpg

生姜は皮を剥かず良く洗い3mm厚さで繊維に沿って切っておきます。

c0036317_23423520.jpg

鍋に水を入れ約20分ほど煮て、蓋をしたまま30分ほど置いたところで固さや辛味などをみてみましょう。
(普通のアルミ鍋の場合は1時間ほど煮ます)
その後30分ほど細い水を流しながらアクを抜きます。
アクがある程度抜けたら再び味をみてしっかり水を切っておきますが、少し辛味が残るくらいが良いでしょう。

c0036317_23425974.jpg

鍋に味醂と鰹節以外の調味料を入れ、煮立たせてから生姜を加え中火で時々掻き混ぜながら煮ます。
c0036317_23434287.jpg

c0036317_23441582.jpg

煮汁が少なくなったところで鰹節を入れ味醂を注いで絡めて味を馴染ませます。
鍋に入れたまま冷まして出来上がり。
c0036317_2344285.jpg

こうも蒸し暑い梅雨の最中、食欲の無い胃を刺激するためには生姜の辛味もまた良いものです。
[PR]
by yoas23 | 2010-06-30 00:01 | 食いしん坊

この時期開花のヤマシャクヤク

普通、飛騨では5月のゴルデンウイークの頃に咲くヤマシャクヤクですが、我が家の1本だけが二ヶ月近く遅れて開花しました。
それでも一日しか持たない花、生憎の梅雨に半分葉を落とされてしまいましたが・・・
大きく季節が変われば「狂い咲き」と言うのでしょうけど、この程度なら「許容の範囲」でしょうかね。
c0036317_0574368.jpg

c0036317_0575186.jpg

[PR]
by yoas23 | 2010-06-29 00:59 | 日々の発見

カラマツソウ

「乗鞍の高山植物」でミヤマカラマツやモミジカラマツを載せたことがありますが、山里ではこのカラマツソウが咲きます。
三種のカラマツは花は良く似ていますが葉の形が違うので見分けは簡単、慣れると直ぐに同定出来ます。
雑木林の縁にこの花が咲き出すと夏草特有の草息れがして梅雨明け間近を知らせる頃となるのですが・・・
その梅雨も7月に入るとこちらでも激しく降る日があります。
梅雨が明けるまでにはまだまだ掛かりますね。
c0036317_0375268.jpg

c0036317_038274.jpg

c0036317_0381126.jpg

高山市丹生川町にて
[PR]
by yoas23 | 2010-06-28 00:40 | 野山の花

白山遠望

乗鞍スカイラインの四ッ岳山腹に落下しそうな岩があるとかで通行止めになっていた日、歩いてスカイラインを途中まで登ってみました。
バスで登るのとは違ってゆっくりとした歩調は普段見られないものも見えて来ます。
特にこの日は梅雨時には珍しく空気が澄んでいて遠く白山の眺望が良かったです。
c0036317_1551162.jpg

c0036317_1552216.jpg

(最初の画像サイズは1280×720です)
[PR]
by yoas23 | 2010-06-27 01:56 | 山歩き

ノビネチドリ

昔は多かったノビネチドリやテガタチドリも最近は少なくなったようです。
それでも時々谷間などで咲いている姿を見ると嬉しくなりますね。
山歩きは特に急ぐものでもありません、ゆっくり腰を据えて眺めるのも良いものです。
しかし写真となるとこの種のものはなかなか上手く撮れないですね。
c0036317_1492172.jpg

c0036317_1493424.jpg

c0036317_1494597.jpg

高山市丹生川町にて
[PR]
by yoas23 | 2010-06-26 01:52 | 野山の花

安房峠から・・・

今では安房トンネルを通ることが多くなり滅多に峠道は通らなくなりましたが、以前は観光バスのすれ違いで時間を費やした国道158号線の難所でした。
安房峠は岐阜県と長野県の境にありますが南北に連なる飛騨山脈を越える道で、辻からはそれぞれ乗鞍や穂高岳、焼岳が見られます。
そんなところは両県とも山国と言うことを実感させられます。
尚、中部縦貫道となっている安房トンネルですが、6月28日より来年3月末まで実験的に無料開放されます。
c0036317_3171641.jpg

↑ 長野県側から見た焼岳

c0036317_31727100.jpg

↑ 岐阜県側の乗鞍岳(左から四ッ岳、猫岳、大崩山)

c0036317_3173813.jpg

↑ そして静かになった峠には野生の猿も見られるようになりました。
[PR]
by yoas23 | 2010-06-25 03:21 | 山歩き

ヤシオツツジ

里ではさつきが見頃を過ぎた頃ですが山にはまだヤシオツツジが健在でした。
深いピンクの花弁は深山では鮮明に見えます。
標高が高くなると紫外線も強くなりますからそのためでしょうね。
ヤシオツツジにはシロヤシオとアカヤシオ、それにムラサキヤシオの3種がありますが、
ここは標高1700m辺りで場所がらムラサキヤシオと思われます。
c0036317_494834.jpg

c0036317_495864.jpg

c0036317_410844.jpg

高山市奥飛騨温泉にて
[PR]
by yoas23 | 2010-06-24 04:10 | 野山の花

清流 双六川

同じ飛騨山脈を源としてもそれぞれ違った趣の河川が流れる飛騨、
その中でも笠ヶ岳や黒部五郎岳から流れ出る川は青味を帯びた透き通るような緑色でまさに清流の名がピッタリの流れです。
以前に笠谷を紹介しましたが今回は双六川、こちらは双六岳や黒部五郎岳などから流れ出ています。
中流はゴルジュと呼ばれる切り立った断崖の間を流れますが、下流ではなだらかな川原となり白い石が時に水の色を引き立てています。
この川は特に水温が低いことで知られていますが、そのため真夏でもあまり泳ぐ人を見かけません。



c0036317_1332518.jpg

c0036317_1333688.jpg

c0036317_1335848.jpg

c0036317_134919.jpg

(どれも画像サイズを大きくしてあります、クリックして見て下さい)
[PR]
by yoas23 | 2010-06-23 01:41 | 山歩き

麦秋

昨年も確か麦秋の風景を載せたと思いますが今年もその季節がやって来ました。
今では高山市ですが、国府町は特にこの麦畑が多く見られます。
国府といえば飛騨では米処なのですが、それだけ米離れしているのですね。
c0036317_2104690.jpg

c0036317_2105944.jpg

[PR]
by yoas23 | 2010-06-22 02:12 | 日々の発見

マルヤパンのこと

高山市の上一之町にマルヤパンというお店がありました。
「ありました」とは文の通りで過去のこと、もう廃業されてから30年は経ってると思います。
学校給食のパン屋さんは他にありましたが、マルヤパンは当時では数少ない菓子パン専門の店、
何時も前を通る度に甘い焼きたての香りが漂っていました。
当時のことですから今のように変わったパンも少なかったのですが、
定番のアンパン、ジャムパン、クリームパンの他に、コッペパンにコロッケを挟んだもの、
マヨネーズで和えた野菜(キャベツ)をサンドしたものなどあり、
また変わったところではマシュマロパンというのがあってそれが私の好物でした。
カステラ生地の中にマシュマロが入ったケーキ感覚の一品でしたが、今でもそれに似たものは何処の店でも見たことがありません。
懐かしい味にもう一度出会いたいと思っても遠い昔のこと、お店の人が存命中でも高齢で無理なことなのでしょう。


[PR]
by yoas23 | 2010-06-21 00:50 | 千夜一夜の昔話し