<   2010年 08月 ( 32 )   > この月の画像一覧

アメリカシロヒトリの食害

高山市はかなり以前からアメリカシロヒトリが確認さえていて苔川の桜並木には夏場に枯れた枝が当たり前のように見る事が出来ました。
最近はそれが各地に広がって全体が枯れ果てた光景も見られます。
アメリカシロヒトリは外来性の蛾でくもの巣を張ったような巣の中には無数の幼虫が住み、忽ちに葉を食い散らかして枯らしてしまいます。
もちろん天敵としてアシナガバチなどの蜂類を始めヤドリバエやスズメなどの鳥類もいますが、
それらに影響を及ぼすような強い農薬を使えないことが絶滅させることが出来ない原因となっています。
有効な退治手段として幼虫がまだ小さいうちに巣ごと切り取って焼いてしまうのが効果的なのですが、
案外見付け難く、気が付いたら枯れ始めていたということが多く、後手に回っているようです。
私が市内で調べたところでは約80樹ほどの植物を食べていますから勢力も相当なものと思われます。
c0036317_6522431.jpg

c0036317_6523818.jpg

c0036317_6524790.jpg

高山市漆垣内町にて
[PR]
by yoas23 | 2010-08-31 06:56 | 日々の発見

イカの塩辛

何時ものスーパーでまた安いイカを見付けました。
今度は4杯で298円ですがいか飯の時より大きなイカです。
それを使って今回は塩辛を作りました。
c0036317_3165296.jpg

↑ イカは洗ってゲソとエンペラと身の部分に解体します。

c0036317_317296.jpg

↑ ゲソに付いてる腸の部分は使いますので、墨袋はつまんで外します。

c0036317_317123.jpg

↑ 腸の褐色の部分は通称「ゴロ」と呼ばれる部分ですが、先にある他の内臓の部分は切り取ります。
 後は腸をしごいてゴロをボールに入れておきましょう。

c0036317_3172090.jpg

↑ 頭になる身の部分は出来れば皮を剥いておくと生臭味が和らぎます。

c0036317_3172851.jpg

↑  裏ごししたゴロに塩と酒、みりんを適当に加えて混ぜ、細かく短冊切りにした身を入れて和えます。
今回は2杯分の身の部分と4杯分のゴロを使いました。
エンペラとゲソは使いませんでしたがお好みに応じて加えるのも良いかも知れません。

c0036317_3173667.jpg

↑ 密封できる容器に入れて冷蔵庫へ・・・時々掻き混ぜて5日ほどで食べ頃です。
朝食の暖かなご飯には塩辛はよく合います。特に夏ばて気味で疲れた胃には良い刺激となりますね。
[PR]
by yoas23 | 2010-08-30 03:36 | 食いしん坊

オオクロニガイグチ

昔はイグチの仲間に致命的な毒のあるものは無いと言われていましたが、最近は少しずつそんなきのこも見付かっています。
このオオクロニガイグチは毒とも食べられるとも記載が無い図鑑が多いのですが、名前からして苦いのか?と思い少し齧ってみましたが苦くは無いようです。
ただこの色でこの大きさだと食べられるきのこでもちょっと引いてしまいますね。
大きなものは直径30cmを遥かに超えていました。
これによく似たミカワクロアミアシイグチはフグ並みの猛毒とか・・・注意しないといけません。
c0036317_4223151.jpg

c0036317_4224318.jpg

c0036317_4225217.jpg

c0036317_423111.jpg

高山市久々野町にて
[PR]
by yoas23 | 2010-08-29 04:27 | きのこ

あのコミスジのその後は・・・

7月5日の記事のコミスジの幼虫は自宅の庭の鉢植えの藤に1匹だけ付いたものでしたが、
その後無事に蝶になった様で蛹の殻が残っていました。
昆虫のほとんどは100から数100とたくさんの卵を産みますが、
その多くは生育の途中で鳥や蜂などの捕食に遭ったり寄生されたりで1%ほどしか成虫になれないものです。
運良く蛹まで辿り着いてもウイルスなどの病気で真っ黒になってしまったり、蝿や鉢が出て来た穴があったりと・・・
無事に羽化した殻は多くは見られないものです。
この蛹から羽化したのは雄なのか雌なのかは判りませんが無事に飛んで行った様子に安心しました。
c0036317_0411181.jpg

[PR]
by yoas23 | 2010-08-28 00:48 | 昆虫

野麦峠の石室

野麦峠を信州側へ下り切った川浦の地に石室があります。
案内看板によると冬季は積雪や寒さから峠越えの途中で遭難し凍死する人も多く発生したため、
奈川の永島藤左衛門と言う人が見るに見かねてこの石室を造ったとのことです。
今では車で30分もあれば越えられる峠ですが昔は難所だったことが窺えます。
c0036317_23512742.jpg

c0036317_23514135.jpg

↑ サイズを大きくしてありますのでクリックして読んでみて下さい。

c0036317_2351524.jpg

c0036317_2352256.jpg

↑ 隣には新しく道祖神も祀られています。
[PR]
by yoas23 | 2010-08-27 00:10 | 日々の発見

ワルナスビ

外来の帰化植物で一旦住み着くと根絶が難しい厄介者と言われていますが飛騨では案外珍しいものでした。
しかし最近はあちこち、良く見かけるようになりましたから、
繁殖の得意なワルナスビが何処でも見られるようになるには時間の問題かも知れません。
根、茎、葉共ににソラニンを含んでいるため有毒で、家畜などが誤って食べて命を落とすこともあるようです。
英名でもDevil's tomato「悪魔のトマト」やApple of Sodom「ソドムのりんご」などおっかない名前が付けられています。
c0036317_6351837.jpg

c0036317_6353033.jpg

高山市一之宮町にて
[PR]
by yoas23 | 2010-08-26 06:39 | 野山の花

スミナガシの幼虫

7月の初めにコミスジの幼虫を紹介しました。
葉を食べている時に食い残した一部をカーテンのように綴る習性ですが、これは他の蝶にも見られます。
例えばスミナガシ、これも同じように中令幼虫の時は盛んにカーテンを作ります。
今はちょうどその習性が見られる頃・・・アワブキやミヤマハハソの葉先に注意です。
c0036317_7244155.jpg

c0036317_7245250.jpg

それにしても面白い習性ですね。
この後立派な終令幼虫になると堂々と葉表に鎮座してカーテンのことなんかすっかり忘れたように・・・
大きくなった方が鳥などに狙われやすいと思うのですが不思議なものです。
c0036317_159911.jpg

↑ スミナガシの終令幼虫

高山市丹生川町にて
[PR]
by yoas23 | 2010-08-25 07:28 |

久々野のひまわり園

高山市久々野町にあるアルコピア・スキー場では毎年夏にたくさんのひまわりが育てられています。
先日リンク先の「ぐりさん」のブログに紹介されていたので行って見ました。
ここは数年前に一度訪れたことがありますから今回で2回目ですが、花の咲き具合は今年の方が見事なような気がしました。
でもひまわりってお日様に向かって咲くものと思っていましたがほとんどの花が反対を向いています。
やはり今年は暑くてひまわりもお日様に顔を背けたくなったのでしょうか?
c0036317_2358390.jpg

c0036317_02250.jpg

[PR]
by yoas23 | 2010-08-24 00:06 | 飛騨高山 四季の旅

ハッチョウトンボ

先日ハッチョウトンボの観察に行って来ました。
ハッチョウトンボの名の由来は江戸時代の植物学者の大河内存真が名古屋の矢田鉄砲場八丁目で発見したことから付けられたようです。
このトンボはとても小さくて1円玉の大きさほどしかありません。
住んでいるのも草丈が30cmほどの湿原で、絶えず水が流れているような所ですからどうしても限られてしまいます。
私が行った場所は小さなグランドほどの湿地で延べ100匹以上の雄が狭い縄張りを守って飛んでいました。
最近はハッチョウトンボの住める場所も少なくなって絶滅危惧種に指定されています。
此処の楽園も何らかの保護の手段が必要に思いました。
c0036317_033363.jpg

c0036317_034637.jpg

c0036317_035867.jpg

c0036317_041152.jpg

c0036317_042386.jpg

c0036317_044723.jpg

c0036317_05068.jpg

c0036317_051171.jpg

c0036317_052553.jpg

後半の4枚の赤くない方は雌ですが、雄に比べて極めて少数しか見付ける事が出来ませんでした。
高山市久々野町にて

動画はこちらへ・・・
[PR]
by yoas23 | 2010-08-23 00:07 | 昆虫

ナラタケモドキ

暑い夏で少雨の年はきのこの発生が悪いのですが、ナラタケモドキの大株が目を疑うような光景をもたらしてくれました。
これもやはり車で走行中のことでしたが、ヒノキの植林地の切り株に何か黄金色の塊が見えました。
直感的に「きのこ!」と思い、早速近寄ったところナラタケモドキでした。
樹木にとっては病原菌なので退治せざるを得ません。
採ってみたらレジ袋に一杯、こんなにあると味噌汁だけでは消化できそうにありません。
何か他にレシピを考えなければ・・・
c0036317_6465114.jpg

c0036317_64746.jpg

c0036317_647145.jpg

高山市久々野町にて
[PR]
by yoas23 | 2010-08-22 06:49 | きのこ